ページの先頭です

社員とのかかわり

このページを印刷する

人事ビジョン

<みずほ>の企業理念を踏まえ、社員一人ひとりの主体的行動と成長を支援することに関する社員へのコミットメントとして「人事ビジョン」を制定しています。

みずほフィナンシャルグループは、社員一人ひとりの成長が<みずほ>の持続的かつ安定的な成長に繋がっていくものと確信します。

<みずほ>は、「みずほValue」を実践しようと努力する社員を尊重し、社員が仕事を通じて人生を豊かにしていくことを支援します。

  • <みずほ>は、社員の強みを活かし、能力を引き出す機会を提供します。
  • <みずほ>は、国籍・人種・性別・価値観の異なる社員が、互いに認め合い、高め合うことを重視します。
  • <みずほ>は、一人ひとりが仕事を通じてやりがいと誇りを感じられる共通の住処を、社員と共に築いていきます。

<みずほ>の人事の基本ポリシー・ダイバーシティ&インクルージョンステートメント

「人事ビジョン」の下での、人事戦略、人事制度ならびに人事運営のプリンシプルを「<みずほ>の人事の基本ポリシー」として制定するとともに、多様な人材の成長と活躍を推進する<みずほ>のダイバーシティ&インクルージョンの目指す姿、重点ポイントならびに主要施策を「ダイバーシティ&インクルージョンステートメント」として公表しています。

<みずほ>の事業戦略を推進し、競合他社との圧倒的な差別化を図っていくためには、多様な社員全員の成長と活躍を徹底的に促進するとともに、事業戦略を支える強い人材、更には将来を見据えて<みずほ>を力強く導いていくリーダーの育成が不可欠です。こうした認識の下、これまでの人事評価における過度な年次主義や画一的な人事運営を抜本的に改革し、グループ全社員の一人ひとりが自らの能力を最大限に発揮しながら長く活躍することを実現する「人事運営の抜本的改革」を経営戦略の1つとして定め、その改革の柱の1つとして「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」を掲げ、グループ一体となって取り組んでいます。

推進体制

「人事運営の抜本的改革」と「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」施策は、業務計画に組み込み、経営会議での審議を経て、取締役会にて付議のうえ取り組みを進めています。ダイバーシティ&インクルージョンの推進については、グループCHROのリードの下に、みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほ情報総研の各社にダイバーシティ・インクルージョン推進室を設置し、協働して取り組んでいます。

また、これらをグループ全体で継続的に推進し、実効性を高めるために、各カンパニーを統括するカンパニー長とグループCHROが連携し、部店長を通じて、現場レベルまで多様な人材の活躍推進に取り組む体制を構築しています。

「人事運営の抜本的改革」と「ダイバーシティ&インクルージョン」の取り組み状況は、定期的に社外取締役に報告し、取り組みに関する評価や指摘を受けながら取り組んでいます。

数値目標

ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて、中長期的な数値目標を定め、取り組んでいます。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

項目 数値目標 (達成時期) 足元の実績
海外
(みずほ銀行)
外国人ナショナルスタッフ管理職比率 50% 2019年7月 41%
(155人)
2017年7月
女性管理職比率 10% 8%
(32人)
国内
(4社*1合算)
女性管理職比率 部長相当職 10% 4%
(234人)
課長相当職以上 20% 12%
(1,520人)
係長相当職以上 30% 24%
(4,548人)
女性新卒採用者比率(総合職系) 30% 2019年度入社 33% 2017年度入社
有給休暇取得率 70% 2018年度 68% 2016年度
男性育児休業取得率 100% 2018年度 23% 2016年度
障がい者実雇用率*2 2.30% 2019年6月 2.00% 2017年6月
  • *1みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券
  • *2みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほビジネス・チャレンジド(特例子会社)

過去の実績推移については、ESGデータ集(多様な人材の活躍推進)をご覧ください。

ページの先頭へ