メインメニュー先頭です
現在位置 : ホーム > 実践授業の展開 > 2013年度の高校生への実践授業
サブメニュー先頭です
本文の先頭です

2013年度の高校生への実践授業

2013年度の実績
実施時期 実施校 都道府県
2014年1月 東京都立板橋有徳高等学校(3) 東京都
2013年11月 東京都立足立東高等学校(2) 東京都
2013年10月 東京都立大江戸高等学校 東京都

東京都立板橋有徳高等学校(3)

2014年1月29日、板橋有徳高等学校の職業講話の授業に、みずほフィナンシャルグループの社員が協力しました。生徒たちは、画像を見ながら銀行の仕事内容について学ぶとともに、模擬紙幣による札勘定や貸出体験ゲームなどを体験しました。また、仕事のやりがいや職業の選び方などについて社員と質疑応答を行いました。

写真

東京都立板橋有徳高等学校での授業


東京都立足立東高等学校(2)

2013年11月27日、東京都立足立東高等学校(エンカレッジスクール*)3年生の授業に、みずほフィナンシャルグループの社員がゲストティーチャーとして参加しました。
授業では、「ひとり暮らしをしたら」という設定のもとで、ワークシートを用いて、ひとり暮らしをする際の収入と支出に関するシミュレーションを行いました。また、将来のさまざまなライフイベントとそれらに必要な金額等について考え、自分のお金を自分で管理することの大切さを学びました。

  • *エンカレッジスクールとは、「自分自身の生き方を考えさせ、基礎的・基本的な学力の定着を図る弾力的・基本的な教育課程を持った学校」であり、同校は文部科学省研究開発学校に指定されています。

写真

東京都立足立東高等学校の授業


東京都立大江戸高等学校

2013年10月2日、東京都立大江戸高等学校(チャレンジスクール*)の授業に、みずほフィナンシャルグループの社員がゲストティーチャーとして参加しました。
授業では「お金と将来について考えてみよう」というテーマのもと、ひとり暮らしをする際の収入と支出についてシミュレーションを行うとともに、将来のさまざまなライフイベントとそれらに必要な金額等について考え、自分のお金を自分で管理することの大切さを学びました。
また、銀行の利用方法や上手にお金を貯めるための工夫、振り込め詐欺などお金に関して社会で注意が必要なことについても学びました。

  • *チャレンジスクールとは、小・中学校での不登校や高校での中途退学を経験した生徒など、これまで能力や適性を十分に生かしきれなかった生徒が、自分の目標を見つけ、それに向かってチャレンジする学校です。

写真

大江戸高等学校の授業


ページトップに戻る

お問い合わせ先

東京学芸大学

教育研究支援部研究支援課研究協力係
電話:042–329–7554


みずほフィナンシャルグループ

コーポレート・コミュニケーション部
電話:03–5224–2672


みずほ総合研究所

人材育成事業部
電話:03–3591–7775



ページの先頭へ
フッターの先頭です
現在位置 : ホーム > 実践授業の展開 > 2013年度の高校生への実践授業

ページトップに戻る

ページの先頭へ