ページの先頭です

グローバルプロダクツユニット

このページを印刷する

グローバルプロダクツユニット長 山田 大介

投資銀行機能・トランザクション機能の融合による、高度で最適なソリューションの提供

グローバルプロダクツユニットは、投資銀行およびトランザクションの2つの分野から構成されています。

投資銀行分野では、M&A・不動産・アセットファイナンス・プロジェクトファイナンス・コーポレートファイナンスの5つの事業分野を中心に、銀行・信託・証券が連携して最適なソリューションを提供しています。

トランザクション分野では、国内為替・外国為替・資金管理・トレードファイナンス・コルレス円決済・円カストディ・グローバルカストディ・資産管理・証券代行・有価証券管理等のサービスを提供しています。

当ユニットは、<みずほ>の「専門性のさらなる強化」と「顧客セグメント横断的な機能活用」を図るため、グループ全体でのプロダクツ機能のプラットフォームの役割を担っています。<みずほ>が目指す、お客さま第一の観点からのアプローチ(マーケット・イン型アプローチ)を徹底的に推進するために、金融プロダクツに関する専門性をさらに高め、カンパニー横断的に幅広いお客さまにソリューションを提供していきます。

ユニットの特徴

外部環境

  • グローバル経済の不確実性の増大による、株式・債券・不動産・資源等の価格変動リスクの高まり
  • 決済手段の高度化やFinTech等の技術革新に伴う新たな決済ビジネスの展開

課題認識

  • 銀行・信託・証券一体運営の加速によるサービス提供力強化
  • プロダクツラインに応じたグローバル運営体制の強化
  • 新技術や環境変化に対応した商品の開発
  • 効率的な営業推進体制の構築

強み

  • グループ各社の専門性を有機的に組みあわせ可能な運営体制
  • M&Aアドバイザリー・プロジェクトファイナンス・ABS(資産担保証券)・シンジケートローン・DCM(債券引受)・カストディ・CMS(資金管理)等の分野におけるトップクラスの実績

トピック

本邦初の海外プロジェクトファイナンス債権を投資対象とするファンドの組成

みずほ銀行は、みずほグローバルオルタナティブインベストメンツと協働で、本邦初のインフラデットファンド(主にインフラ事業または事業体に対するローンを運用の対象とするファンド)の運用を開始しました。本ファンドは銀行保有の優良な海外プロジェクトファイナンス債権を投資対象として国内の運用会社が運用するファンドであり、本邦初の取り組みです。<みずほ>は今後もグループ各社の持つ豊富な経験と高度な専門知識を活かして、プロジェクトファイナンスシニアローンへの投資機会を国内外の機関投資家に提供する等、さまざまなお客さまのニーズに応えていきます。

イメージ図

ページの先頭へ