ページの先頭です

大企業・金融・公共法人カンパニー

お客さまの課題解決・企業価値向上をサポートすることで"最も頼りがいのあるホールセールバンク"ブランドを確立し、価値共創パートナーとしての真価を発揮します。

基本方針

足元の不透明かつ変化の激しい環境下、複雑化するお客さまの様々な経営課題に対して深度ある対話を重ね、真の課題抽出や戦略レベルの意思決定を支援します。さらに、戦略実行フェーズでは、産業・プロダクツ知見、適切なリスクテイク力、それらを有機的に結びつけるコンサルティング力を発揮することで、最適なソリューションをグループ横断的に提供していきます。

本邦を代表する大企業・金融・公共法人のお客さまの価値向上を全面的に支援することを通じ、産業・経済・社会の持続的成長・発展に貢献していきます。

取り巻く環境と課題認識

新型コロナ影響が長期化する中、お客さまを取り巻く経営環境は大きく変化するとともに、産業構造の転換も加速度的に進展しています。また、サステナビリティの追求は不可逆的な構造変化であり、お客さまにとっても重要な経営課題になっています。

こうした環境下、資金支援をはじめとする金融ニーズには、これまで培ってきたお客さまとの強固なリレーションシップをベースに、適切なクレジット管理のもとでしっかりと対応します。加えて、社会・産業の構造変化の大きな潮流を的確に捉え、お客さまの持続的な発展に向けて、貸出のみならず、共同投資や非金融分野での事業連携等、お客さまと価値をともに創造していく価値共創パートナーとしての役割を一層発揮していくことが重要だと認識しています。

業績の推移

2020年度は、コロナ禍によるダウンサイド影響が期初想定比では軽微に留まる一方、お客さまの資金繰り支援要請や資本基盤拡充ニーズに適切に対応したことで、カンパニー制開始後の最高益を更新しました。2021年度は、業務粗利益は前年比減収ながら、構造改革による経費削減効果もあり、業務純益2,700億円と引き続き高水準を計画しています。

(グループ合算、管理会計、概数、単位:億円)

業績の推移

  • ※1.業務粗利益、業務純益にはETF関係損益等を含む
  • ※2.実績は2020年度管理会計ルール、計画は2021年度管理会計ルールによる概数

重点戦略の進捗

サステナビリティアプローチの強化

"サステナビリティ"をキーワードに深度あるエンゲージメントを実施する中で、金融面のみに留まらず、お客さまや社会・産業の課題解決に取り組むことで、広範な領域でのビジネス創出をめざします。

特に、お客さまの事業ポートフォリオ見直しに伴う資産組み替えニーズ等への対応、脱炭素に向けた長期経営計画策定サポートやトランジションファイナンス等を重点分野として強力に推進します。

関連するサステナビリティ重点項目(マテリアリティ)

  • 健全な経済成長
  • 環境配慮

セクター戦略の高度化

2021年5月の営業体制見直しにより銀行・証券一体でのインダストリーグループ(IG)制を導入し、各IG長がセクター戦略の立案・推進・実行をリードする体制を構築しました。急速に変化する業界動向を機敏に察知し、効率的かつ時機を逸することなく経営資源を投入できるよう、IG長による経営資源の柔軟な配分・再配分や各セクターに精通した専門人材の育成・輩出を推進し、持続的な案件オリジネーション体制の構築をめざします。

関連するサステナビリティ重点項目(マテリアリティ)

  • 産業発展とイノベーション

経営資源のリバランス

バーゼル新規制の最終化も見据え、適切なリスクリターンを実現するポートフォリオ構築に取り組んでいきます。当カンパニーの重要課題である政策保有株式については、引き続き着実に削減するとともに、低採算領域のアセットを縮減し、高採算プロダクツ等への再投下を順次進めていきます。

関連するサステナビリティ重点項目(マテリアリティ)

  • ガバナンス

内外エクイティ総合(位)

内外エクイティ総合(引受額)のグラフ

国内普通社債(引受額)(位)

国内普通社債(引受額)のグラフ

M&A金額(日本企業関連)(位)

M&A金額(日本企業関連)のグラフ

TOPICS

国内初のサステナビリティ・リンク・ボンド発行をサポート

<みずほ>は、ヒューリック株式会社が、自社の長期環境ビジョンに基づくサステナビリティへの取り組みを幅広く浸透させることを目的に発行した国内初のサステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)を組成しました。SLBは、債券の条件をサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(発行体の経営戦略に基づく目標)達成状況に連動させる新しいタイプのSDGs債であり、本社債は環境省によるモデル事業1号案件として認定されました。

イメージ図

営業体制の見直し

サステナビリティやDX、従来の業態を超えた事業の転換といった複雑化するお客さまの経営課題に対し、より高度な金融サービスを提供するため、営業体制を抜本的に見直しました。業種を切り口に銀行・証券一体的に再編した5つのインダストリーグループ、地域と業種の2軸で再編した2つのリージョナルグループが、最適なソリューションをお客さまに提供します。

ページの先頭へ