ページの先頭です

大企業・金融・公共法人カンパニー

このページを印刷する

大企業・金融・公共法人カンパニー長 中村 康佐

お客さまの「揺るぎないグローバルパートナー」として、フルラインの金融ソリューションを提供

大企業・金融・公共法人カンパニーは、国内の大企業法人・金融法人・公共法人のお客さまに向けた業務を担当しています。

大企業法人の分野では、国内大企業のお客さまに対し、長期にわたる強固なリレーションを背景に、資金調達・運用、経営・財務戦略等に関する幅広いニーズを捉え、銀行・信託・証券をはじめとする<みずほ>のさまざまな機能を活用することで、フルラインの金融ソリューションを提供しています。

金融法人の分野では、資本政策や運用高度化に対するお客さまのニーズが高まるなか、資金調達と運用の両面から、グループ横断で最適なソリューションを提供しています。

公共法人の分野では、公社債の受託・引受を通じた資金調達サポート、指定金融機関業務等、総合的な金融サービスを提供しています。

また、日本経済の重要課題である地方創生に向けた取り組みとして、農林漁業の成長産業化支援や、空港・公共施設のPPP/PFI導入等にも積極的に取り組んでいます。

  • PPP(Public Private Partnership)は、官民が連携して公共サービスの提供を行うスキーム。PFI(Private Finance Initiative)は PPPの代表的な手法の1つで、公共施設等の維持管理や運営に、民間の資金やノウハウを活用し、民間主導で公共サービスの提供を行うもの
2016年度中間期 業務純益の構造
イメージ図
  • 概数、管理会計
2016年度中間期 非金利収支比率
イメージ図

カンパニーの特徴

外部環境

  • 世界経済の減速懸念、マイナス金利政策による事業環境の変化
  • お客さまのグローバル化の進展、株主を意識した戦略重視の傾向
  • 競合他社の一部の戦略において進む同質化
  • 農業等の成長分野や地方創生に対する官民の取り組みの活発化

課題認識

  • 銀行・信託・証券の一体運営のさらなる進化
  • 選択と集中による事業ポートフォリオの再構築
  • 資本調達・クロスボーダーM&A等、高度な専門性を要する案件への対応力強化
  • 生産性の高い営業体制・業務プロセスの構築

強み

  • 大企業・金融・公共法人の各分野におけるお客さまとの強固なリレーションと顧客基盤
  • 銀行・信託・証券の一体運営で競合他社に先行
  • 新たな金融ビジネスの開拓を通じて蓄積された高度なリスクテイク能力

2016年度中間期の業績

収益性の高い事業ポートフォリオの構築と外部環境の変化を捉えた取り組みに着実な成果

お客さまのニーズは、より多様化・高度化・グローバル化しており、金融機関のリスクアセットやバランスシートに関する各種規制も強化されています。

こうした環境を踏まえ、当カンパニーは、組織・人員、アセットといった経営資源のリバランスを進め、ビジネスモデルを変革し、強固かつ収益性の高い事業ポートフォリオの構築を目指しています。

2016年度中間期の業務純益は1,300億円となり、年度計画に対する進捗率は約55%と順調に推移しました。具体的には、大型M&A案件に対するファイナンスに加えて、マイナス金利や保険業界における規制強化、コーポレート・ガバナンスへの対応といった外部環境の変化を捉えた取り組みが着実な成果をあげています。また、グローバルコーポレートカンパニーと連携した、外貨アセットの採算改善に向けた取り組み等を継続的に実施しており、その成果も着実に出ています。

これらの戦略を加速させ、さらなる収益の増強と各種リーグテーブルにおけるプレゼンス向上を図っていきます。

2018年度  業務純益計画
イメージ図
  • 本部経費控除前
業務純益の構造と非金利収支計画
イメージ図
  • 概数、管理会計
リーグテーブル
  2015年度実績 2016年度中間期実績 2018年度計画
国内普通社債および地方債(引受額) 1位 1位 1位
内外エクイティ総合(引受額) 3位 3位 2位
M&A(日本企業関連)(件数) 1位 1位 1位

トピック

リクルートホールディングスにおける大型グローバルオファリング案件の獲得

<みずほ>は、コーポレートガバナンス(CG)・コードを受けた株主の売却ニーズを契機としたリクルートホールディングスにおける2,000億円を超える大型グローバルオファリング案件において、海外で株式を販売できる「アクティブ」ブックランナーのポジションを獲得すると同時に、海外販売において他大手証券会社を圧倒し、トップクラスの需要を獲得しました。

本件は<みずほ>の海外機関投資家販売プラットフォームの強さを実証したものであり、今後も圧倒的な海外販売力を活かし、ECM(株式引受)分野における一層のプレゼンス向上を目指します。

イメージ図

ページの先頭へ