メインメニュー先頭です
現在位置 : ホーム > 実践授業の展開 > 2013年度の中学生への実践授業
サブメニュー先頭です
本文の先頭です

2013年度の中学生への実践授業

2013年度の実績
実施時期 実施校 都道府県
2014年1月 横浜市立市場中学校 神奈川県
2014年1月 世田谷区立弦巻中学校 東京都
2013年12月 私立本庄東高等学校付属中学校 埼玉県
2013年12月 千代田区立九段中等教育学校(8) 東京都
2013年10月 私立玉川学園(6) 東京都
2013年7月 大船渡市の全中学校(キャリアチャレンジデイ)(2) 岩手県

横浜市立市場中学校

2014年1月31日、横浜市立市場中学校の職業講話の授業に、みずほフィナンシャルグループの社員が協力しました。授業では、銀行の仕事について説明するとともに、生徒たちは札勘定や印鑑照合、貸出などの実際の仕事を模擬体験しました。また、仕事のやりがいなどについて質疑応答を行いました。

写真

横浜市立市場中学校での授業


世田谷区立弦巻中学校

2014年1月17日、世田谷区立弦巻中学校の授業に、みずほフィナンシャルグループの社員が協力しました。授業では、銀行の仕事について説明するとともに、生徒たちは札勘定などの実際の仕事を模擬体験しました。また、仕事のやりがいなどについて質疑応答を行いました。

写真

世田谷区立弦巻中学校での授業


本庄東高等学校付属中学校

2013年12月19日、本庄東高等学校付属中学校1年生の授業に、みずほフィナンシャルグループの社員が参加しました。
授業では、銀行の社会での役割について説明した後、架空の個人に対して住宅ローンを融資するかしないかについて生徒たちがチームで話し合い、発表しました。その後、<みずほ>の社員が融資のポイントなどについて解説しました。

写真

本庄東高等学校の授業


千代田区立九段中等教育学校(8)

2013年12月11日、13日、九段中等教育学校3年生の総合的な学習の時間に<みずほ>の社員が協力しました。
銀行や証券会社の職場見学と、学校での授業を1日ずつ実施し、授業では社員がゲストティーチャーとなって外国為替の基本について説明した後、為替相場の変動が輸出企業に与える影響を計算しながら円高・円安の意味について学習することができる「為替ゲーム」を行いました。

写真

九段中等教育学校の授業


私立玉川学園(6)

2013年10月24日、25日、玉川学園9年生(中学3年生)の授業に、みずほフィナンシャルグループの社員がゲストティーチャーとして参加しました。授業では、銀行の仕事についての理解を深めることを目的として、架空の会社に対して融資するかしないかを生徒たちがチームで話し合い、発表した後、みずほの社員から融資する際に会社を見るポイント等について、説明しました。

写真

玉川学園での授業


大船渡市の全中学校(キャリアチャレンジデイ)(2)

2013年7月5日、みずほフィナンシャルグループの社員は、岩手県大船渡市で開催された「キャリアチャレンジデイ」に参加しました。「キャリアチャレンジデイ」は、同市の全中学2年生を対象とし、震災により実施が困難になった職場体験学習の代わりに、仕事について学ぶ機会を提供するもので、当日は、県内外20企業・団体が参加しました。講義では、社会でのお金の流れや銀行の役割などについて説明し、その後、生徒からのインタビューを通じて、仕事の内容ややりがいなどについて話しました。

写真

キャリアチャレンジデイでの授業


ページトップに戻る

お問い合わせ先

東京学芸大学

教育研究支援部研究支援課研究協力係
電話:042–329–7554


みずほフィナンシャルグループ

コーポレート・コミュニケーション部
電話:03–5224–2776


みずほ総合研究所

人材育成事業部
電話:03–3591–7775



ページの先頭へ
フッターの先頭です
現在位置 : ホーム > 実践授業の展開 > 2013年度の中学生への実践授業

ページトップに戻る

ページの先頭へ