ページの先頭です

サステナビリティマネジメント

このページを印刷する

<みずほ>では、これまでもESG(環境・社会・ガバナンス)や持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献を考慮してCSRへの取り組みを推進してきました。2019年4月、こうした取り組みを戦略の重要要素として捉え直すとともに、推進のキーワードをCSRから「サステナビリティ」に変更し、「サステナビリティ」への取り組みとして戦略との一体性を高めて推進することにしました。

サステナビリティへの取り組みの基本的考え方

みずほフィナンシャルグループ(持株会社)は、経営会議・取締役会での議論を経て、基本的考え方や推進方法等を定めた「サステナビリティへの取り組みに関する基本方針」を制定するとともに、当社グループ会社においても同方針を定めています。
同方針では、以下のとおりサステナビリティの定義とサステナビリティへの取り組みの基本的考え方を定めています。

<みずほ>における「サステナビリティ」

<みずほ>の持続的かつ安定的な成長、ならびにそれを通じた環境の保全および内外の経済・産業・社会の持続的な発展・繁栄

サステナビリティへの取り組みの基本的考え方

<みずほ>は、長期的な視点に立ち、「サステナビリティ」における重点項目に取り組むことで、様々なステークホルダーの価値創造に配慮した経営と<みずほ>の持続的かつ安定的な成長による企業価値の向上を実現し、その結果、環境の保全および内外の経済・産業・社会の持続的な発展・繁栄に貢献していきます

<みずほ>は、以下の考え方に基づき「サステナビリティ」における重点項目への取り組みを推進します

  • 経済・産業・社会・環境に対する直接的・間接的なポジティブインパクトの拡大とネガティブインパクトの低減に努めます
  • 金融グループとして、ファイナンス等のサービス提供やお客さまとの対話(エンゲージメント)を通じた間接的なインパクトの大きさを特に重視し、お客さまのSDGs/ESGへの取り組みを多面的にサポートします
  • インパクトや実現に向けた時間軸について、ステークホルダー間で利益相反・意見の対立がある場合には、その事情・実態や、国際的な規範・合意・世論等を踏まえ、経済・産業・社会・環境の調和と長期的な視点に基づいて取り組みます

イメージ図

拡大図

ページの先頭へ