ページの先頭です

CSRマネジメント

このページを印刷する

みずほフィナンシャルグループは、『<みずほ>の企業理念』をあらゆる活動の根幹をなす概念として制定し、この企業理念を実践する上で遵守すべき倫理上の規範として「みずほの企業行動規範」を定めています。

また、みずほフィナンシャルグループは、ビジョン(<みずほ>のあるべき姿)の実現を目指し、役職員一人ひとりが社会的責任と公共的使命を意識して日々行動することで、CSRへの取り組みを推進しています。グループ統一的に取り組みを進めるにあたり、「CSRへの取り組みに関する基本方針」を定め、CSRへの取り組みについての基本的考え方や定義、中長期取り組み方針を明確化しています。また、年度ごとに、より具体的なグループ取り組み方針を定め、グループ各社はこれに基づき事業特性に応じた計画を策定し、取り組んでいます。

CSRへの取り組みの基本的考え方

<みずほ>は、CSRへの取り組みを、「グローバルな金融グループとして、社会的責任と公共的使命の重みを常に認識し、様々なステークホルダーの期待を踏まえて、活動基盤である社会との関わりにおいて責任を充分に果たす企業活動を実践すること」と定義しています。

そして、CSRへの取り組みが、「社会の持続可能な発展に寄与するものであり、さらには<みずほ>の新たな企業価値の創造と発展を実現する基盤になる」との考えのもと、CSRへの取り組みを企業行動の主軸と位置付けています。

また、CSRへの取り組みが社会の常識と期待に沿うものとなるよう、ステークホルダーとの対話を重視しています。

『<みずほ>の企業理念』と企業行動規範

『<みずほ>の企業理念』と企業行動規範について掲載しています。

CSRの中長期取り組み方針

<みずほ>のCSRの中長期取り組み方針と策定プロセスについて掲載しています。

年度CSR取り組み方針・計画・目標・実績

<みずほ>の年度のCSR取り組み方針、計画、目標および実績について掲載しています。

CSR推進体制

<みずほ>のCSR推進体制について掲載しています。

イニシアティブへの参加

<みずほ>が参加している国内外のイニシアティブについて掲載しています。

ページの先頭へ