ページの先頭です

レポート

このページを印刷する

本ウェブサイト「サステナビリティ」では、〈みずほ〉のサステナビリティに対する考え方、方針、計画に基づく取り組み実績を報告することで、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを深め、サステナビリティへの取り組みをさらに推進していくことを目的として、サステナビリティへの取り組みを体系的・網羅的に開示しています。

なお、2015年度より「CSRレポート」と「ディスクロージャー誌」を統合し、「統合報告書」を発行しています。統合報告書の作成にあたっては、「国際統合報告フレームワーク」を参照しています。

統合報告書(ディスクロージャー誌)

2015年度より「CSRレポート」と「ディスクロージャー誌」を統合し、「統合報告書」を発行しています。
「統合報告書」は、財務情報のみならずESG情報等(環境(Environment)、社会(Society)、ガバナンス(Governance))の非財務情報も含み、〈みずほ〉が戦略の実行やガバナンスを強化することにより、お客さまや社会、〈みずほ〉自身に対する短・中・長期的な価値創造にどのようにつなげていくかを、ステークホルダーのみなさまに対して、簡潔にわかりやすくストーリー性を持った説明となるよう編集しています。

気候・自然関連レポート

〈みずほ〉は、2017年に気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の趣旨に賛同、2020年に本邦金融機関グループとして初めてTCFDレポートを発行する等、気候変動への対応・開示の高度化に継続的に取り組んできました。
2024年度発行レポートでは、従来のTCFDレポートを発展させ、初めて気候と自然を一体的に捉えたレポートとしました。

サステナビリティプログレス

2024年4月に、「サステナビリティプログレス2024(PDF/5,277KB)」を開示しました。

人権レポート

人権尊重への取り組みに関するステークホルダーへの説明責任を果たし、透明性を向上するため、人権尊重に関する取り組み詳細をまとめた「人権レポート」を、2022年以降毎年発行しています。本レポートは、「国連指導原則報告フレームワーク」に基づき作成しています。

過去の人権レポート

その他サステナビリティ関連発信

Mizuho Sustainability Focus

2023年11月末からアラブ首長国連邦のドバイで開催されたCOP28(国連)では、排出削減目標や再エネ容量の拡大などについて議論がされ、今後の産業や企業への影響が注目されました。「Mizuho Sustainability Focus」では、企業によるサステナビリティをめぐる最新テーマへの取り組みを俯瞰した上で、「産業の大きな変化」や「ビジネスの新機軸」に焦点を当て、〈みずほ〉の考察をまとめています。

ページの先頭へ