ページの先頭です

サステナビリティ推進体制

このページを印刷する

サステナビリティ推進体制

<みずほ>では、持株会社であるみずほフィナンシャルグループが、グループの「サステナビリティ」への取り組みを統一的に推進しています。具体的には、グループ会社に対し、中期経営計画・業務計画において定めた「サステナビリティ重点項目」(マテリアリティ)を提示し、各社がそれぞれに適合した取り組みを推進するために必要な指示を行います。また、グループ会社が「サステナビリティ重点項目」を踏まえて中期経営計画・業務計画を策定し、これに基づき実施した取り組み状況を、各社からの報告等に基づき把握し、必要に応じて適切な対応を行います。

サステナビリティ推進体制
サステナビリティ推進体制のイメージ図
  • *1みずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券・みずほ総合研究所・みずほ情報総研・アセットマネジメントOne・みずほプライベートウェルスマネジメント・米州みずほ

取締役会…グループのサステナビリティに関する基本的事項について決議

執行役社長…みずほフィナンシャルグループ(持株会社)のサステナビリティへの取り組みを統括

企画グループ長…サステナビリティへの取り組みの企画運営を所管し、取り組み状況について、必要に応じて、都度、取締役会、監査委員会、経営会議、執行役社長に報告を実施

戦略企画部…サステナビリティに関し、情報収集および主要グループ会社への情報発信、取り組みに関する情報開示、ステークホルダー・コミュニケーション、取り組みに係る企画立案・推進、関係部署への提言を実施

サステナビリティへの取り組み推進にあたっては、ステークホルダーとの対話を重視し、当社グループのサステナビリティへの取り組みが社会の常識と期待に沿うものとなるよう、日々の事業活動におけるステークホルダーとの対話等を通じて外部の意見を取り入れながら、取り組み内容の改善を図っています。

サステナビリティ浸透策

研修プログラムやインナーコミュニケーションツール、表彰制度、関係各社・各部を対象とした勉強会・説明会等を活用し、グループ内でサステナビリティに関する理解促進や浸透を図っています。また、サステナビリティに関する方針・計画の策定や、取り組み推進、統合報告書の作成等にあたり、サステナビリティに関する考え方や外部環境、課題認識について、戦略企画部が関係各所に対し情報共有や提言を行い、意見交換を実施しています。

社内勉強会の開催実績
実施時期 テーマ 参加者数
2017年1月
  • 企業を取り巻く長期的な環境変化、および財務・非財務情報の統合的開示の潮流
43人
2017年5月
  • ESG投資の動向とESG開示の重要性
53人
2017年6月
  • 金融セクターにおけるビジネスと人権
75人
2017年9月
  • SDGsと企業のビジネス機会
  • 社会課題解決に向けたリーダーシップ
200人
2017年11月
  • ビジネスと人権
    ~金融業界に期待される取り組み~
  • 企業のLGBT施策とダイバーシティ経営
650人
2019年1月
  • 第1回ESGビジネスネットワーキング
56人
2019年2月 615人
2019年3月
  • 第2回ESGビジネスネットワーキング
59人

写真1

写真2

ページの先頭へ