ページの先頭です

気候変動への対応(TCFD提言を踏まえた取り組み)

このページを印刷する

気候変動は、様々な経済・社会的課題とも密接に結びついており、中長期的な視点での対応が必要な重要課題であると認識しています。<みずほ>は、総合金融グループとして、お客さま等のステークホルダーとの対話やコンサルティング機能を発揮し、脱炭素社会への移行に向けて気候変動への対応に積極的に取り組みます。また、これらの取り組みにあたっては、各国におけるエネルギーの安定供給確保の観点を踏まえて進めていきます。

<みずほ>は、TCFD*の提言の趣旨に賛同しており、TCFDのフレームワークを踏まえた取り組みと開示の高度化に努めます。

  • *Task Force on Climate–related Financial Disclosures

気候変動に関する企業情報開示の充実を目的に、2015年12月に金融安定理事会(Financial Stability Board)の提言のもと設立された民間主導のタスクフォースで、2017年6月に最終報告書(提言)を公表

ガバナンス

戦略と一体的にサステナビリティへの取り組みを進めるため、経営会議・取締役会での議論を経て、気候変動への対応を含む「サステナビリティ重点項目」を特定し、新経営計画に組み込みました。

TCFD提言に沿った取り組みを段階的に実施する方針(アクションプラン)について、経営会議で議論の上、取締役会・監査委員会に報告しました。

戦略

経営計画策定時に、カンパニー・ユニット・グループごとに気候関連のリスクと機会を特定しました。

気候関連のリスクと機会、事業活動への影響を以下の通り認識し、脱炭素社会への移行に向けて、再生可能エネルギー事業へのファイナンス等やグリーンボンド発行等、気候変動の緩和・適応に貢献する金融商品・サービスの提供を積極的に推進するとともに、国際的な関心・動向等も踏まえ適切にリスクを管理していきます。

機会

  • 再生可能エネルギー事業へのファイナンス等や、お客さまの脱炭素社会への移行を支援するソリューション提供等のビジネス機会の増加
  • 適切な取り組みと開示による資本市場と社会的評価の向上 等

リスク

  • 気候関連リスクとして、物理的リスクと移行リスクを認識
  • 物理的リスクについては、異常気象による当社資産(電算センター等)および顧客資産(不動産担保等)の毀損によるオペレーショナルリスク、信用リスク等を想定
  • 移行リスクとしては、炭素税や燃費規制といった政策強化による移行リスクの影響を受ける投融資先に対する信用リスクの増大等を想定

影響

  • TCFD提言が推奨する定義を踏まえて計測したエネルギーセクターおよびユーティリティセクター向け*1信用エクスポージャー(EXP)*2が信用EXP総額に占める集中度は約7.2%
  • *1水道事業、原子力発電事業、再生可能エネルギー発電事業を除く
  • *22019年3月末の貸出金、外国為替、支払承諾、コミットメントライン等の合計(みずほ銀行およびみずほ信託銀行2行合算)

シナリオ分析

物理的リスクと移行リスクを対象とした気候変動シナリオ分析の手法等について、UNEPFIパイロットプログラムへの参加等を通じ、継続検討中

リスク管理

気候変動に起因する物理的リスクや移行リスクを認識し、信用リスク管理やオペレーショナルリスク管理等の総合リスク管理の枠組みで対応する態勢を構築しています。

また、エクエーター原則*の適用や、「特定セクターに対する取り組み方針」に基づく運用を行っております。その一環で、上記エネルギーセクターおよびユーティリティセクターの一部のお取引先との対話(エンゲージメント)も実施しています。

金融機関として取引先の脱炭素社会への移行を支援することにより、取引先ならびに<みずほ>の気候関連リスクの低減に努めています。

  • *融資対象プロジェクトにおける環境・社会リスクを特定、評価、管理するための金融業界基準

リスク管理体制

責任ある投融資等の管理態勢

気候変動を含む環境・社会リスクの低減に向けて、以下の取り組みを推進しています。

指標・目標

以下の通り、環境負荷低減目標の設定や指標管理を実施しています。

自社の環境負荷低減目標を設定

目標

  • 国内事業所における電力使用量由来のCO2排出量原単位(CO2排出量/延床面積)
  • (長期目標)2030年度に2009年度比19.0%削減
  • (中期目標)2020年度に2009年度比10.5%削減
  • 環境目標

モニタリング指標

  • グリーンファイナンス/サステナブルファイナンス額
  • Scope1(直接的エネルギー消費)・Scope2(間接的エネルギー消費)のCO2排出量とエネルギー使用量
  • Scope3 新規の大規模発電プロジェクトに関する環境負荷(CO2排出寄与量)と環境保全効果(CO2排出削減寄与量)
  • SBT(科学的根拠に基づく排出目標)の設定に向け、引き続き検討を進めていきます。
ページの先頭へ