ページの先頭です

エクエーター原則への取り組み

このページを印刷する

みずほ銀行は責任ある投融資等に向けた取り組みの一環として、エクエーター原則を採択しています。エクエーター原則とは、金融機関が石油・ガス開発や発電所建設等の大規模な開発や建設を伴うプロジェクトに参加する場合に、当該プロジェクトが自然環境や地域社会に与える影響に十分配慮して実施されることを確認するための枠組みです。

<みずほ>は、2003年にみずほ銀行(旧みずほコーポレート銀行)が、アジアの金融機関として初めてエクエーター原則を採択しました。

現在みずほ銀行は、世界10社で組織される運営委員会のメンバーでありアジア・オセアニア地域代表行を務めています。また2014年*にはアジアの金融機関で初めてエクエーター原則協会の議長銀行を務めるなど、リーダーシップを発揮しています。

同原則に基づいたデューデリジェンスを行うことで、融資先を含めた関係者・事業者への環境・社会リスクに関する理解と対策を促進し、金融機関の投融資に伴う社会的責任として、「資金の流れ」を環境・社会配慮の実現に向けることができると考えています。

  • *議長任期:2014年5月~2015年5月

エクエーター原則協会のロゴ

ページの先頭へ