ページの先頭です

コーポレート・ガバナンスに関する規程・報告書等

このページを印刷する

コーポレート・ガバナンスガイドライン

<みずほ>のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方、および指名委員会等設置会社としての当社における取締役会、執行役、指名委員会、報酬委員会、監査委員会の役割、構成や運営方針等の企業統治システムの枠組みを定めたものです。

  • 2016年4月1日付で、カンパニー制の導入に伴い、執行役の選任基準の変更等を行いました。
  • 2017年4月1日付で、「指名委員会等設置会社」移行後2年間のガバナンス運営状況を踏まえ、事後牽制のガバナンスの枠組み(取締役会への職務執行状況の定例報告)を維持しつつ、執行ラインの意思決定の更なる迅速化を企図した改定を行いました。
  • 2017年4月24日付で、「別紙 当社社外取締役の独立性基準の概要」の改定を行いました。
  • 2017年6月23日付で監査委員長の選任要件を改め、社外取締役とすることとしました。

社外取締役の独立性基準の概要

みずほフィナンシャルグループにおける社外取締役の独立性基準の概要です。

2017年4月24日付で改定を行いました。

報酬の決定方針

みずほフィナンシャルグループならびにみずほ銀行、みずほ信託銀行およびみずほ証券の取締役、執行役、執行役員および専門役員が受ける個人別の報酬等の内容に係る決定に関する決定方針を定めたものです。

コーポレート・ガバナンスに関する報告書

みずほフィナンシャルグループにおけるコーポレート・ガバナンス体制の状況を記載し、東京証券取引所に提出しているものです。

「取締役会の実効性評価」結果の概要について

みずほフィナンシャルグループ取締役会の実効性評価の結果の概要です。

ページの先頭へ