ページの先頭です

みずほ社会貢献ファンド

このページを印刷する

2002年8月、役職員の社会貢献活動を推進する募金制度として「みずほ社会貢献ファンド」を設立しました。この募金から<みずほ>の財団を通じ福祉車輌の贈呈、大規模災害発生に対する義援金の拠出、社員推薦のボランティア活動への寄付等を実施しています。

<みずほ>の財団を通じた支援

みずほ教育福祉財団を通じた配食用小型電気自動車の贈呈

写真

みずほ教育福祉財団を通じて調理が十分にできない独居老人等高齢者を対象に調理・配食サービスを行っているボランティアグループに対し、毎年、配食用小型電気自動車「みずほ号」を贈呈しています。

みずほ福祉助成財団を通じた障がい者施設への福祉用車輌の贈呈

写真

みずほ福祉助成財団を通じて、各地区自治体の推薦を受けた障がい者施設に福祉用車輌「みずほ号」を毎年贈呈しています。

義援金の寄贈

大規模災害発生時の各種支援のために寄付を行っています。
詳細は、災害被災者への支援をご覧ください。

ボランティア活動支援

みずほ社会貢献ファンドは、<みずほ>の社員が参加するNPO団体などのボランティア活動への支援を行っています。2003年4月に支援を開始してから支援先が拡がってきています。

特定非営利活動法人 メドゥサン・デュ・モンド・ジャポン(世界の医療団日本)(2015年)

東京プロジェクトで実施される生活困窮者向け医師、看護師らによる医療相談会で使用するテント、およびカルテ保管用のスキャナ等情報機器の購入費用等に助成金をご活用いただきました。

ページの先頭へ