ページの先頭です

PCAFを活用したカーボンアカウンティングへの取り組み

このページを印刷する

カーボンアカウンティング(炭素会計)とは、ある事業活動がどれだけ温室効果ガスの排出あるいは削減に寄与したかを算定し集計する取り組みです。みずほ銀行では、気候変動問題への取り組みとして、独自の算出手法による「カーボンアカウンティング(炭素会計)」を用いて、融資した発電プロジェクトから排出されるCO2排出量を把握し、2006年度から集計結果を公表しています。2020年度からは、国際的なイニシアチブの一つであるPCAFのコンセプトを活用し、更に信頼性と透明性のある情報を開示します。そして、蓄積した集計結果を、将来の経営情報として活用し、脱炭素社会構築に役立てることを目指しています。

カーボンアカウンティングの概要

PCAFとは

金融向け炭素会計パートナーシップ(Partnership for Carbon Accounting Financials)。金融機関が融資・投資を通じて資金提供した先の温室効果ガスの排出を整合的に算定するための枠組。

みずほ銀行のカーボンアカウンティング(炭素会計)は、2019年度までは、該当年度に調印した新規の大規模発電プロジェクトを対象としていました。2020年度からは、プロジェクトファイナンスを活用した発電プロジェクトのポートフォリオを対象として、PCAFのコンセプトを採用し公表します。

CO2排出量

PCAFガイダンスにある以下の計算式により排出量を算定しています。

プロジェクトファイナンス ポートフォリオ総排出量 = Σ(年間発電量×セクター別排出係数×みずほ帰属係数)

みずほ帰属係数

CO2排出削減量

PCAFガイダンスのAvoided Emissions(排出削減貢献)のコンセプトを活用しています。プロジェクトが所在する地域において、最も大きな発電量に貢献している化石燃料のCO2排出係数を利用し、みずほが融資する再生可能エネルギーによる発電プロジェクトのCO2排出削減量を算定しました。みずほによる排出削減寄与量については、上記のみずほ帰属係数をPCAFガイダンスに沿って活用しています。

算定結果

従来のみずほカーボンアカウンティングを用いたCO2排出寄与量

左右スクロールで表全体を閲覧できます

  単位 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
新規に融資契約を締結した大規模発電プロジェクトのCO2排出寄与量 キロトンCO2 4,132 1,559 2,807 2,679

左右スクロールで表全体を閲覧できます

PCAFを用いた算定結果
  単位 2020年度
発電セクターポートフォリオのCO2排出寄与量 キロトンCO2 8,901

左右スクロールで表全体を閲覧できます

  単位 2020年度
発電セクターポートフォリオのCO2排出削減寄与量 キロトンCO2 4,349
ページの先頭へ