ページの先頭です

子どもサマー・スクール

このページを印刷する

<みずほ>では、金融教育の支援と地域社会への貢献を目的に2011年度から「子どもサマー・スクール」を開催しています。

開催拠点数と参加人数の推移

グラフ

2016年度の開催報告

2016年7月から8月、みずほ銀行みずほ信託銀行みずほ証券は、73のみずほ銀行の支店を会場として「子どもサマー・スクール」を開催しました。今年は小学生を中心に約1,300名が参加し、職場体験のほか、銀行の仕事やお金の管理に関するレクチャーを通じて金融への理解を深めました。

当日の流れ(約2時間)*

開講
  • 授業の流れを簡単に説明したのち、子どもたちはオリジナル名刺を使って自己紹介をしました。

写真

開講挨拶

写真

名刺交換

職場体験
  • 社員の説明を聞きながら店内見学や職場体験を行いました。

写真

ロビー見学

写真

店頭挨拶体験

金融教育
  • 職場体験ののち、銀行の仕事やお金の管理について学習しました。

写真

レクチャー

写真

札勘体験

写真

1億円の重さ体験

写真

ワークシート

写真

おこづかい帳

  • *当日の流れは、開催拠点によって異なる場合があります。複数の実施拠点の画像を掲載しています。

2016年度開催拠点一覧

括弧内は合同開催したみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の営業部店名

左右スクロールで表全体を閲覧できます

地域 開催拠点
北海道・東北 釧路支店、いわき支店、会津支店
関東 築地支店 大島特別出張所、ユーカリが丘支店、せんげん台支店、小山支店、海老名支店、中井支店、大岡山支店、中目黒支店、大泉支店、根津支店、麻布支店、鷺沼支店、江戸川橋支店、小田原支店、千束町支店、鶴見支店、押上支店、四谷支店、西船橋支店(みずほ信託銀行津田沼支店)、平井支店、玉川支店、鶴見駅前支店、蓮根支店(みずほ信託銀行王子トラストラウンジ、みずほ証券池袋西口支店)、向ヶ丘支店(みずほ銀行新百合ヶ丘支店、みずほ証券新百合ヶ丘支店、みずほ証券成城支店)、三鷹支店、市川支店、水戸支店(みずほ証券水戸支店)、大船支店(みずほ信託銀行大船支店、みずほ証券藤沢支店プラネットブース大船)、足利支店、志村支店、稲荷町支店、館林支店、三ノ輪支店(みずほ信託銀行上野支店、みずほ証券上野支店)、調布支店、品川支店、戸塚支店(みずほ信託銀行大船支店、みずほ証券横浜支店)、自由が丘支店(みずほ銀行大岡山支店、みずほ銀行玉川支店、みずほ銀行都立大学駅前支店、みずほ銀行上野毛支店、みずほ信託銀行自由が丘支店)、前橋支店(みずほ信託銀行前橋支店、みずほ証券高崎支店)、柏支店、川越支店、神田支店(みずほ証券本店営業第一部プラネットブース神田)、新宿新都心支店、東京法人営業部、五井支店
東海 岡崎支店、豊橋支店、浜松支店、津支店、清水支店
北陸・甲信越 長野支店(みずほ証券長野支店)、松本支店、富山支店(みずほ信託銀行富山支店、みずほ証券富山支店)、金沢支店
関西 吹田駅前支店(みずほ信託銀行大阪支店、みずほ証券十三支店)、西宮北口支店、和泉中央支店、灘支店、八尾支店、平野支店、姫路支店(みずほ証券姫路支店)、神戸支店(みずほ信託銀行神戸支店)、香里支店、阿倍野橋支店
中国・四国 北九州支店 下関出張所、岡山支店(みずほ信託銀行岡山支店、みずほ証券岡山支店)、徳山支店、高知支店
九州・沖縄 大分支店、熊本支店(みずほ証券熊本支店)、福岡支店(みずほ銀行福岡営業部、みずほ信託銀行福岡支店、みずほ証券福岡支店)

子どもたちの声

  • 銀行員のお仕事は、お金を預かったり必要な人に貸したり、大切なお仕事だと思いました。(小学4年生)
  • 金庫など普段見られない所もみんなで楽しく見学できたので良かった。(小学5年生)
  • おこづかい帳をつけるのが楽しみになりました。(小学3年生)
  • 銀行員は、お金を預かったり貸したりするだけでなく、お金に関するアドバイスもしていることが分かった。(小学5年生)
  • お金の大切さなど色々なことが分かった。(小学4年生)
  • 1億円がとても重くてびっくりしました。(小学3年生)

社員の声

  • 子どもたちや保護者の方々に大変喜んでいただき、開催して良かったと思った。
  • 地域の小学生たちと触れ合うことで、みずほ銀行に親しみやすさを感じていただけたと思う。
  • 子どもたちに、銀行に対する興味を持ってもらうことができた。
  • 子どもたちに銀行の役割を教えることは、自分たちの日ごろの業務を見直すきっかけにもなる。
  • 参加された方たちが帰られる際に、「楽しかった」「良い思い出になった」などのお話を頂戴し、地域社会に貢献できたと実感した。
  • 商店街との共同開催という形で行い、地域の子どもたちが社会とお金との関わりについて学ぶ良い機会になったとのことで、商店街側から継続開催の要望をいただいた。
ページの先頭へ