ページの先頭です

少子高齢社会に対応したサービス拡充

このページを印刷する

少子高齢化社会において、<みずほ>はお客さまの新たな楽しみや不安に寄り添い、人生100年時代におけるライフデザインのパートナーとして、対面コンサルティングや生活サポート等を通じてお客さまのニーズに対応していきます。

ファイナンス

ファイナンスを通じ、国・自治体、企業、個人の各お客さまの医療・介護分野の取り組みを支援しています。

ソーシャル・インパクト・ボンド

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)は、行政が民間資金を活用して事業を行う成果連動型の仕組みです。民間の資金やノウハウを活用して革新的な社会課題解決型の事業を行い、行政はその事業成果に応じて成果報酬を支払います。

今後、SIBは、医療分野や介護、就労、教育分野など、さまざまな社会的課題の解決の促進に向けて活⽤していくことが期待されています。

<みずほ>では、行政・事業者とも連携し、SIBを通じた取り組みを推進しています。

インパクト投資ファンド

社会課題解決に向けたベンチャー支援・育成インフラとしての日本インパクト投資2号ファンドへ参画し子育て・介護・新しい働き方関連事業を営むスタートアップを支援しています。本ファンドでは、持続可能な社会に向けて、「働く人」を中心に据え、子育てや介護等の様々なライフイベントを経ながらも、あらゆる人々が働き続けられる環境づくりに資する企業、次世代の人材育成に寄与する教育・保育サービスを提供する企業、育児と介護の両立支援事業を営む企業等の「子育て・介護・新しい働き方関連事業」を投資対象とし、アーリーからレイターステージの企業に1件あたり1~5億円程度の規模で投資します。経済的なリターンと社会的なリターンの両立を目指すインパクト投資ファンドとして、引き続き投資家や事業会社の皆さま、有識者とのパートナーシップを構築し、投資を通じた社会課題の解決に貢献していきます。

企業、医療機関向けローン

診療所向け貸出商品「みずほクリニックアシスト」

みずほ銀行では、開業医または開業予定の医師のお客さまの設備資金および運転資金ニーズに対して、有利な資金調達手段を提供しています。

「みずほESGローン(ハートフル口)」「みずほESG私募債(ハートフル口)」

<みずほ>では、お客さまのバリアフリー化・ユニバーサルデザイン化への取り組みをサポートする「<みずほ>ハートフルビジネス」として、ハートフル企業*向けに「みずほESGローン(ハートフル口)」「みずほESG私募債(ハートフル口)」を提供しています。

「みずほESGローン(ハートフル口)」「みずほESG私募債(ハートフル口)」の実績
2017年3月末 2018年3月末 2019年3月末
実行件数(件) 1,786 1,739 1,517
残高(百万円) 31,958 15,884 10,976
  • *ハートフル企業
    ご高齢・障がいのある方の生活向上に繋がる商品・サービスを提供している企業
    ご高齢・障がいのある方を積極的に雇用し、職場環境の改善を図っている企業
    働きやすい職場づくりを図り、ダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいる企業

個人のお客さまへの商品

日本人の平均寿命が伸びていくなかで、老後資金に対する社会の不安は大きく、安心して過ごすことができる老後に対する金融機関の役割は高まっていると認識しています。<みずほ>では、老後の生活へのお客さまニーズにお応えするため、個人のお客さまに対しては、ゆとりあるセカンドライフのためのマネープランに関するご相談や、ご自宅のバリアフリー化に対応するリフォームローンの提供など、魅力ある商品やサービスの開発・提供に努めています。

ご高齢のお客さまのニーズに合わせた「選べる安心信託」

みずほ信託銀行は、お預りしたご資金を元本保証で運用しつつ、お客さまが必要な時に、必要な機能・サービスを選んでご利用いただける「選べる安心信託」をお取り扱いしております。

解約制限機能や暦年贈与機能等の金融サービスに加え、介護・老人ホームや家事代行等の提携企業を優待割引でご紹介する生活サポートサービスを提供しています。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

実績(2019年3月末時点)
累計取り扱い件数 累計取扱額
1,189件 46,146百万円

選べる安心信託

選べる安心信託

認知症になっても自分らしく暮らせる社会のための「認知症サポート信託」

みずほ信託銀行は、認知症になった後でも自分のお金が円滑に生活費や医療費などに使われるように、認知症になる前から備えることができる「認知症サポート信託」をお取り扱いしています。

認知症サポート信託

認知症サポート信託

障がいのあるお子さまやご家族に寄り添った商品・サービス

みずほ信託銀行は、他企業と協働し、お客さまの様々なニーズに対応した信託商品を開発・提供しています。
「生命保険信託(未来あんしんサポート型)」は、主に障がいのあるお子さまのご家族が保険契約者となり、ご家族が亡くなられた場合のお子さまの計画的な保険金受け取りをサポートする商品です。
今後も障がいのあるお子さまやご家族に寄り添った商品・サービスの提供をしていきます。

生命保険信託(未来あんしんサポート型)

生命保険信託(未来あんしんサポート型)

リバースモーゲージローン

高齢のお客さまの持ち家(自宅)を担保として、一定の範囲内で随時借り入れが可能であるローン商品です。資金使途は自由であり、たとえば趣味や旅行などセカンドライフの充実を図るために必要な費用や、自宅のリフォーム費用・老人ホーム入居費用などに利用することができます。 また、返済は、お客さまが亡くなられたあと、自宅売却などにより一括で行われるため、基本的には借入期間中に元利金を返済する必要はありません。

みずほ信託銀行とも連携し、本商品の利用を通じて、資産としての自宅の活用や売却を含めた資産管理など、高齢者ニーズに幅広く対応していきます。

みずほリバースモーゲージローン(愛称:みずほプライムエイジ)

みずほリバースモーゲージローン(愛称:みずほプライムエイジ)

がん団信

みずほ銀行は、住宅ローンお借り入れ中に「がん」と診断された場合、就業状況等にかかわらず、団体信用生命保険の保険金によってローンが完済となる「がん団信」を取り扱っています。

「がん団信」の取り扱い開始について

コンサルティング等

コンサルティングやセミナー・ビジネスマッチング等を通じ、国・自治体、企業、個人の各お客さまの医療・介護分野の取り組みを支援しています。

国・自治体

医療政策立案の支援

みずほ情報総研は、 国や地方公共団体の医療・介護の政策立案の支援を行っています。社会保障政策を担当する部署の配下に医療政策を取り扱うチームを設置し、制度改正を検討する際に不可欠な現状の調査・分析、制度創設の検討に資する海外の事例の調査研究、医療産業の振興を目的とした各種の調査研究、さらにこれらの知見をふまえた地方公共団体の行政計画の立案支援を行っています。

取り組みの詳細につきましては、みずほ情報総研の以下のウェブサイトをご覧ください。

社会保障分野における政策立案支援

みずほ情報総研は、社会保障分野において官公庁・公共団体のお客さま向けに、医療・介護や福祉、年金・保険などのさまざまな政策立案支援ソリューションを提供しています。

企業、健康保険組合

人々の健康増進および医療費適正化に向けた取り組み

みずほ情報総研は、医療費分析や医療保険者向けシステム構築・運用等を通じて培ってきたノウハウを活用し、医療・健康情報の分析を通じて生活習慣・健康状態・医療費などの現状把握や職域・地域間比較等を可能とする独自ソフト「healthage」を開発し、『日本再興戦略』に盛り込まれた「データヘルス計画」策定をはじめとした医療保険者向けコンサルティングサービスを提供しています。

ビジネスマッチングフォーラムの開催

みずほ銀行では、ご高齢・障がいのある方がより暮らしやすくなるための産業育成をめざし、高齢者向けビジネスを展開するお取引先のサポートとして、異業種連携の構築や新たな販売先や仕入先のご紹介、新製品開発や事業多角化に際してのパートナー企業のご紹介など、お客さまの事業ニーズに最適なお取引先を紹介するビジネスマッチングサービスを展開しています。

これまでに「高齢者向けビジネス」や「健康長寿」をテーマとした商談会型「ビジネスマッチングフォーラム」の開催の他、個別商談を随時実施しています。

個人のお客さまへのサービス提供

ウェブサイトでの退職前世代(セカンドライフ準備世代)向け情報発信

長寿命化が進み、すでに「人生100年時代」に突入していると言われる現代において、セカンドライフと呼ばれる期間は従来以上に長くなっています。一方で、みずほ銀行が2017年に実施したアンケート調査によると、退職後の準備をしようと考えている退職前世代の割合は約78%に上りますが、退職後の準備はできていなかったと答える退職後世代の割合は約80%となっており、働き盛りの時代から十分な準備を行い、理想のセカンドライフを迎えている方は多くないものと推察されます。

みずほ銀行は、このような状況を踏まえ、より多くの方々に充実した人生を送っていただくことを目指し、50代に関心の高いライフ、マネー、ヘルスケア、ファミリーの4つのテーマを中心に様々な情報を提供するウェブサイト「50代から考えるこれからの暮らしとおかねのはなし」を2017年に開設しました。

具体的には、セカンドライフの充実を目的とした時間とおかねの使い方のご提案や、退職金の活用方法、費用面も含めた親の介護に関わる情報提供など、セカンドライフで起こりうるイベントに向けて、自分らしい「ライフプラン」を考えるための情報を多数発信していきます。

画像1

画像2

ページの先頭へ