ページの先頭です

リスクガバナンス

このページを印刷する

リスクガバナンスの全体感

リスクガバナンスはコーポレート・ガバナンスの枠組みの一部であり、みずほフィナンシャルグループではリスクアペタイト・フレームワーク(RAF)をその中核に据え、RAFに関する基本的な事項、ならびにRAFの運営態勢および具体的なリスクアペタイト等を取締役会が決定し、それをリスクアペタイト・ステートメント(RAS)として文書化しています。

また、リスクガバナンスの枠組みを支える健全なリスクカルチャーの醸成・浸透に取り組み、強固なリスクガバナンスを確立するために「3つの防衛線」の考え方に則って業務遂行に伴うリスク管理・コンプライアンスの仕組みを確保しています。

リスクアペタイト・フレームワーク

<みずほ>のRAFは、お客さまの実需に焦点をあてた適切なリスクテイクとソリューション提供を通じて競争優位を確立し、持続的かつ安定的な収益確保による企業価値の向上を実現し、公共的使命を全うすることを目指しています。

当社は、RAFを規律あるリスクテイクとリスク・リターンの最適化に資する経営管理の枠組みと位置づけています。具体的には、中期経営計画や業務計画(業務計画等)の策定において、リスクアペタイトを明確にしたうえで戦略・施策や資源配分・収益計画を決定し、その運営状況をモニタリングする等、戦略、収益およびリスク管理の一体運営を通じたリスク・リターンの最適化を目指しています。

リスクアペタイトの策定/モニタリング

<みずほ>のリスクアペタイトは、リスクテイクに関する基本的な方針を定めたリスクアペタイト方針と、この方針に基づいて定量的な水準を定めたリスクアペタイト指標で構成しています。

リスクアペタイトの策定では、はじめにマクロ経済環境・規制環境・競争環境等の外部環境に関する将来見通しや、景気後退・金融市場混乱等のリスク事象を経営で議論し、これらを組織内で共有するためのメインシナリオおよびリスクシナリオを設定しています。

次に、これらの外部環境に関する認識を踏まえて当グループ全体のリスクアペタイト方針を策定し、この方針に基づいて戦略・施策を具体化し、経営資源配分や収益計画を決定しています。また、<みずほ>の企業価値を支える資本力・収益力・流動性等について、当グループ全体のリスクアペタイト指標として普通株式等Tier1比率、ROE、LCR等を選定し、定量的なリスクアペタイト水準を設定しています。

さらに、当グループ全体のリスクアペタイトを戦略の推進主体であるカンパニーに展開し、RAFの実効性を確保しています。カンパニーは、全体方針の実現に向けたリスクアペタイト方針を策定し、全体指標・水準の実現に向けたリスクアペタイト指標・水準が設定されます。

また、策定したリスクアペタイトの運営状況について、四半期ごとにまたは必要に応じて随時モニタリングを実施しています。そして、外部環境の変化に伴って、リスクが高まっている場合や、リスクアペタイトや戦略の実現に支障がある場合等は、機動的なリスクアペタイトや戦略の見直しも含めた適時・適切なアクションを検討・実施します。

<みずほ>のRAF運営体制
イメージ図

ストレステストによるリスクアペタイトの検証

当グループでは、リスクアペタイトの適切性や業務計画等の妥当性を評価するために、設定したメインシナリオやリスクシナリオが発生した場合の、自己資本比率や業績等への影響を算出・評価するストレステストを実施しています。この結果を分析・検証し、メインシナリオにおける自己資本比率や業績等の見通しを確認します。また、リスクシナリオが発生した場合でも、必要な自己資本比率や業績等を確保できることを確認し、自己資本比率や業績等が必要な水準を下回る場合は、リスクアペタイトや業務計画等の見直しを検討・実施します。

また、ストレステストを通じ、当グループのビジネスや事業ポートフォリオ等の特性に関する理解を深め、リスクシナリオが発生した場合にとるべきアクションをあらかじめ定める等、リスクへの運営力を高める継続的な取り組みを実施しています。

リスクカルチャー

健全なリスクカルチャーは、<みずほ>の役員・社員一人ひとりが、リスクに対する高い見識を持って良識と倫理観に基づいた正しい判断・行動を積み重ねることで醸成されるものであり、こうした判断・行動はリスクアペタイトの実現や企業価値の向上につながります。

<みずほ>は、「リスクに関する行動指針」を制定し、研修等を通じて役員・社員への浸透を深めています。<みずほ>が「お客さま第一」を実践し企業価値の向上を実現するには、リスクを回避するだけではなく、取るべきリスクは取るという考えを持つことが不可欠です。本指針は、役員・社員一人ひとりが、リスクに向きあう際に適切な価値観や行動軸を実現するための拠り所となるもので、日々の業務のなかで判断に迷った場合等には本指針に立ち返り実践することで、リスクへの適応力や対応力が高まり、健全なリスクカルチャーが醸成されます。

こうした取り組みは、結果として役員・社員による不適切な行動を未然に防ぐことにもつながる等、内部統制の観点からも重要です。

3つの防衛線

当グループでは、バーゼル銀行監督委員会が公表している『銀行のためのコーポレート・ガバナンス諸原則』で示されている「3つの防衛線」の考え方に則り、1線における自律的統制に加え、2線によるモニタリング等にて牽制機能を確保するとともに、独立した3線が1線、2線に対し内部監査を実施することを通じ、「リスクガバナンス」の適切性・有効性を確保しています。また、グループの戦略策定、経営資源配分等の役割を担う当社が、主要グループ会社の1線の自律的統制の状況を把握し、適切な対応を行う体制を強化しています。

<みずほ>における「3つの防衛線」の定義
1線 自律的統制機能
規程や手続き、リスクアペタイトに基づき日々の業務を遂行するとともに、業務遂行に伴うリスク・コンプライアンス(以下、リスク等という)に関してリスクオーナーとして第一義的責任を有し、自律的な統制活動(リスク等を特定、評価、管理・コントロール)を行う責任を有する。
2線 リスク管理・コンプライアンス機能
1線が行うリスク管理・コンプライアンスの自律的統制活動を監視(モニタリング)・測定・評価するとともに、リスク管理・コンプライアンスの統制に係る基本方針等を策定・推進する責任を有する。
3線 内部監査機能
1線・2線から独立し、1線・2線の活動を評価・検証するとともに、課題解決のための助言・是正勧告等を行う責任を有する。
<みずほ>におけるリスク管理・コンプライアンスの枠組み
イメージ図
  • *主要グループ会社のうちみずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券・資産管理サービス信託銀行では、「3つの防衛線」の考え方を踏まえたリスク管理・コンプライアンスを実践
ページの先頭へ