ページの先頭です

お客さま保護等管理

このページを印刷する

<みずほ>は、お客さまを第一と考え、お客さまの信頼を得ることこそが、健全経営を確保し、ひいては他のステークホルダーからの信頼を得るための基盤となるという考えに基づき、コンプライアンスはもとより、業務の適切性の確保、お客さまの利便性向上のために、お客さまの視点から<みずほ>の業務の検証・改善を継続的に行い、グループ統一的にお客さま保護等管理に取り組んでいます。

お客さま保護等管理体制

<みずほ>における「お客さま保護等管理」とは、お客さまの保護および利便性向上の観点から、以下の事項を達成するために必要となる管理を言います。

  1. お客さまに対する取引または商品等の説明および情報提供(商品等説明)の適切性および十分性の確保。
  2. お客さまの相談・苦情等の対応(お客さまサービス)の適切性および十分性の確保。
  3. お客さまの情報の管理(お客さま情報管理)の適切性の確保。
  4. <みずほ>の業務を外部委託する場合におけるお客さま情報やお客さまへの対応管理(外部委託管理)の適切性の確保。
  5. お客さまとの取引に係る利益相反の状況に応じた対応を実施するために必要となる管理(利益相反管理)の適切性の確保。

みずほフィナンシャルグループ(持株会社)では、執行役社長がお客さま保護等管理を統括し、コンプライアンス委員会(委員長:コンプライアンス統括グループ長)にて重要事項の審議を行っています。また、各管理項目の担当部門は、主要グループ会社のお客さま保護等管理の状況を一元的に把握・管理しています。さらに主要グループ会社各社のグループ会社については、主要グループ会社を通じて管理しています。

 
イメージ図

情報管理

IT技術の進展に伴い情報の利活用が進む一方、各国の個人情報保護法制の強化、社会的関心の高まりを受け、情報資産の適切な保護と利用を目的とする情報管理は極めて重要な経営課題であると認識しています。当グループでは、情報資産に関する各種安全管理措置・管理方法等を明確化するとともに、役職員への教育・啓発を行い、情報管理態勢強化に努めています。

お客さまサービス管理

幅広いお客さまとさまざまな取引がある当グループでは、お客さまからの苦情等への適切な対応の徹底、お客さまの保護および利便性の向上に継続的に取り組んでいます。

苦情等については、お客さまへの迅速かつ丁寧な対応、および適切な報告を徹底しています。

また、苦情等の「お客さまの声」を重要な経営資源と捉えて継続的に業務改善を図り、お客さま満足度の向上に取り組んでいます。

ページの先頭へ