ページの先頭です

このウィンドウを閉じる

2021年1月28日

株式会社みずほフィナンシャルグループ

2021 Bloomberg Gender–Equality Index の選定について

株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:坂井 辰史)は、2021年1月27日、Bloombergによる「2021 Gender–Equality Index」に5年連続で選定されましたのでお知らせします。

「Bloomberg Gender–Equality Index」は、世界の投資家層において企業のレピュテーション・価値・業績を評価するために、より多くの情報を求めるニーズが高まっていることを背景に、Bloombergが企業の社会性やガバナンスに関する認識や透明性を男女平等の観点から捉えて開発した指数です。今回はグローバル44ヵ国の380 社(うち、日本企業14社)が選定されました。

<みずほ>は、女性のリーダーシップや経営層に繋がる母集団形成、インクルージョンを重視する企業文化について高い評価を獲得しました。これは、女性管理職の登用状況や女性向け戦略的育成プログラム等のキャリア形成支援、多様で柔軟な働き方に対応した環境整備、そして、それらの各種情報開示について、総合的に評価されたものと考えています。

当社は、サステナビリティ重点項目に定めている「人材育成と働きがいのある職場づくり」の一環として、女性活躍を含むダイバーシティ&インクルージョンをグローバルに推進しています。2020年度からは、グループCHROを委員長、各部門の業務推進を担当する部長を委員とする「ダイバーシティ・インクルージョン推進委員会」を新設し、各部門特性に応じた推進を強化するなど、グループ全社員が働きやすさとやりがいを感じながら一人ひとりが能力を最大限に発揮できる環境整備と意識改革に引き続き努めていきます。

2021 Bloomberg Gender–Equality Index

以上

ページの先頭へ