ページの先頭です

このウィンドウを閉じる

2006年2月15日

株式会社みずほフィナンシャルグループ

「みずほフィナンシャルグループ CSRレポート2005」の発行について

みずほフィナンシャルグループは、このたび、当グループのCSRへの取り組みをまとめた「CSRレポート2005」を初めて発行いたしました。

本レポートは、CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)に対する当グループの考え方やその取り組みについて、ステークホルダーの皆さまにご報告し、継続的なコミュニケーションを図っていくことを目的としています。

昨年4月に発表した新たな事業戦略「"Channel to Discovery" Plan」において、当グループはCSRへの取り組みの一層の強化を掲げ、グループをあげた取り組みを推進中です。今後より一層質の高いCSR活動を実践していくため、さまざまな形でステークホルダーの皆さまとの対話を繰り返していきたいと考えています。

本レポートの概要

1.特徴

  • 持株会社を中心とした推進体制のもとで、総合金融グループとしての特徴を活かした<みずほ>のCSRに関わる幅広い活動を紹介しています。
  • 「特集:金融とは」では、時代とともに変化する金融の姿を説明し、社会のニーズに対応して金融が果していく役割を説明しています。
  • 「特集:未来をかたちづくる金融」では、総合金融グループである<みずほ>の本業における幅広い分野でのCSR活動を紹介しています。
  • GRIガイドラインを参考にし、同ガイドラインの対照表を網羅的に開示することにより、開示項目の一覧性を提供しています。
  • 一橋大学教授の伊藤邦雄先生に本レポートの内容について客観的なご意見をいただき、「第三者意見」として掲載しています。

GRIガイドラインとは、持続可能性報告書を作成する際、その組織の経済・環境・社会の三側面のパフォーマンスを開示するための枠組みです。その主な役割は、(1)報告書を作成する際の方針や具体的な内容を示す、(2)経済・環境・社会的の三側面を正確かつバランス良く開示する枠組みを示す、(3)報告組織の業種や地域的要素を考慮しながら、報告書の比較可能性を高める、(4)報告組織の取り組みに対するパフォーマンス評価やそのベンチマーキングを可能にする、(5)ステークホルダーとのコミュニケーションを促進することです。

2.内容構成

項目 内容と特徴
2~ 事業概要 報告主体である当グループの概要や編集方針および報告対象範囲について説明しています。
4~ トップコミットメント CSRレポート発行の背景や意義、当グループにとってのCSRの位置付け、当グループのCSRの特徴と活動推進体制について説明し、持続可能な発展に向けた組織のビジョンと戦略を当グループ社長の声明として示しています。
8~ 特集 当グループのCSRを理解する一助として、3つの特集を設けています。
  • 「金融とは何か」では、金融が社会のなかで果たす役割について説明しています。
  • 「新たなフェーズに飛翔するみずほ」では、当グループの誕生から現在へと至る歩みを紹介したうえで、当グループが未来に向かって果たそうとしている役割を示しています。
  • 「未来をかたちづくる金融」では、当グループの本業における活動をグループ各社の具体的事例を用いて紹介しています。
22~ ガバナンス&マネジメント 当グループの、経営にあたっての理念や方針とCSRに関する考え方の全体像を示し、経営体制・業務執行体制について説明しています。また、当グループにとってのステークホルダーを定義しています。
30~ 経済性報告 当グループの主要財務指標を示し、現在の事業の状況をステークホルダーとの経済的関係を試算することで説明しています。
32~ 社会性報告 ステークホルダーのうち、お客さま、株主さま、社員、地域社会の4者とのかかわりについて、当グループの取り組みを説明しています。
  • お客さま:お客さま満足度の向上を中心とする施策および情報セキュリティや個人情報保護などの安全性確保への取り組み。
  • 株主さま:株主総会やIR活動における株主・投資家とのコミュニケーションへの取り組み。
  • 社員:人事・教育制度、次世代育成支援策やポジティブアクションへの取り組み。
  • 地域社会:「金融教育」への取り組みやその他社会貢献対象分野での具体的取り組み。
44~ 環境報告 グループ各社の環境関連業務の概要と、当グループ自身の環境負荷削減の取り組みについて説明しています。
46~ GRI対照表 本報告書の作成にあたって参考にしたGRIガイドライン(「Sustainability Reporting Guidelines 2002」および「Financial Services Sector Supplement」)に関する説明と、当レポートとの対照表を記載しています。
50 第三者意見書 CSRへの取り組みについて、第三者の方からの客観的評価として、一橋大学教授の伊藤邦雄先生にご意見をいただきました。

3.その他

  • A4版 カラー51ページ
  • 当社ホームページでもご覧いただけるほか、冊子をご希望の方は、ホームページからご請求いただけます。
  • 英語版(PDF)を4月上旬頃に発行予定です。

以上

ページの先頭へ