ページの先頭です

業績・財務の状況

このページを印刷する

2016年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、年度予想(6,000億円)を達成し6,035億円となりました。

2016年度はマイナス金利の継続や金融市場の不透明感の高まりなどの厳しい事業環境が続きましたが、新たに導入したカンパニー制のもと、顧客部門においてソリューション関連収益を着実に伸ばしたことに加え、政策保有株式の売却進展に伴う売却益やアセットマネジメントOne発足に伴う特別利益等の寄与により、親会社株主に帰属する当期純利益は6,035億円と、業績予想の6,000億円を達成しました。
年間配当については、期初配当予想通り、1株当たり7円50銭とさせて頂きました。
自己資本については、普通株式等Tier1比率が11.34%*と、十分な水準を維持しています。引き続き「安定的な自己資本の充実」と「着実な株主還元」の最適なバランスを図る「規律ある資本政策」をすすめていきます。

  • *中期経営計画での目標:10%程度(バーゼル3完全施行ベース、その他有価証券評価差額金を除く)に対する進捗では9.27%
業績 財政 配当 グラフ テーブル

収益の状況

グラフ表示やデーターだけをダウンロードできるテーブル表示など、表示方法を変えてご覧いただけます。
また、グラフにクリックを合わせるだけで、数値の表示も可能。指標の数も選択できますので、活用ください。

期間


業績 財政 配当 グラフ テーブル

収益の状況

グラフ表示やデーターだけをダウンロードできるテーブル表示など、表示方法を変えてご覧いただけます。
また、グラフにクリックを合わせるだけで、数値の表示も可能。指標の数も選択できますので、活用ください。

期間


  • 本データは、決算短信に基づき作成しています。
  • 本ページは、株式会社マジカルポケットが提供するサービスを利用しています。
  • 決算短信等の訂正が発表された場合、本データの記載内容は即時反映されません。
  • 1株当たり情報に関しては、過去に遡って株式分割等にともなう調整計算は行っていません。
  • 一部の指標については、決算短信様式変更にともない通期のみの更新となる場合があります。

ページの先頭へ