ページの先頭です

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに 新卒採用情報サイト2018

Licensed by TOKYO TOWER

M&Aアドバイザリー 猪又 遥

経営者の“考え方”だけでなく、“感情”に触れる仕事

グローバルレベルでの企業間の競争が激化する中、買収・合併・事業譲渡などのM&Aは、経営戦略実現のための重要な手段の一つとして認識されています。日本においても、近年M&Aはもはや珍しいものではなくなりました。リーマンショック後、下火になっていた時期もありましたが、足元の景気回復マインドを背景に、企業の事業拡大意欲が増大し、国をまたいだ、いわゆるクロスボーダーのM&A案件も増えてきています。M&Aの世界において、<みずほ>はその広大な顧客基盤と蓄積されたノウハウにより圧倒的な存在感を示し、アドバイザリー金額・件数ともに日本ではトップランナーです。

私はこうしたM&Aの世界において、業界再編や、産業動向を睨みつつM&Aの機会を創出する段階(オリジネーション)、財務・法務のデューデリジェンス等を踏まえた価値算定、価格・条件交渉など案件遂行の段階(エグゼキューション)と、一連の業務全てを担当しています。

M&Aというと、新聞や経済誌等で取り上げられるような華々しい仕事、というイメージがあると思いますが、実際には、入念な情報収集やデータの分析、多くの利害関係者の思惑や感情についても配慮しながら進めていく、根気と忍耐力が必要な仕事です。また、そうして何日、ときに何カ月もかけて緻密に作り上げたディールが、経営者のたった一言で振り出しに戻ってしまうこともあります。M&Aアドバイザリーの業務が難しいポイントは、財務面でのメリットやシナジー効果がある、というだけでは経営者にとってはM&Aを決断する決め手とはならないところです。経営者は、自社戦略における当該M&Aの位置付け、商材や商圏の拡大、その際の財務シミュレーション、従業員や経営陣の感情と人事制度など、様々な要因を総合的に勘案した上で、最終的にM&Aを実施するかどうか決断するのです。例えば、私が担当したある大型の売却案件の場合では、買い手企業の戦略との合致や、シナジー効果のシミュレーションに苦心しつつも、他方で従業員に不要な不安を抱かせないよう、訪問時間に配慮したりと細かな気配りも大切でした。机の上だけでは分からない、奥深い世界が広がっているところが、この業務の難しさであり、面白さであると感じています。提案の中で経営者と濃密な議論を交わすことも多々あり、経営者の“考え方”だけではなく、“感情”に触れる機会もあります。経営者がどのような想いや気持ちで経営しているのか、生の感覚に触れることができるのは、この仕事ならではの醍醐味です。

  • 写真

経営者の目線に立った、真のM&Aを提供すること

お客さまにプロフェッショナルとして提案をする以上、当然ながら、業界動向、各種プレーヤーの動向、ファイナンス、法務、会計、税務など様々な知識が必要であり、常に勉強が必要です。またこの世界においては、M&A案件を専門的に手掛けている弁護士・税理士・会計士とも、接点を持つケースが多くあります。それだけに自分もプロのM&Aバンカーとして、そうした専門家からも信頼される必要があると思っています。

一方で、M&Aが企業成長の手法として一般的になるにつれ、ともすると我々M&Aアドバイザリーの仕事も、単に買収候補を探し、案件の進捗を管理するだけの付加価値の低い仕事になってしまう可能性があります。お客さまの最終目的は企業価値を永続的に向上させることであり、M&Aを成功させることではありません。お客さまのビジネスや置かれている環境を真に理解しなくては、永続的な企業価値向上に資する付加価値の高いM&Aは提案できません。

「経営者の目線に立った、真のM&Aを提供し続けること」これが私の当面の目標です。

© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.