ページの先頭です

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに 新卒採用情報サイト2018

Licensed by TOKYO TOWER

M&Aアドバイザリー ジョン ウォンチョル

M&Aの世界において圧倒的な存在感を示す

グローバルレベルでの企業間の競争が激化する中、買収・合併・事業譲渡などのM&Aは、経営戦略実現のための重要な手段の一つです。近年の日本においても、M&Aはもはや珍しいものではなく、国をまたいだ、いわゆるクロスボーダーのM&A案件も増えてきています。こうした M&Aの世界において、<みずほ>はその広大な顧客基盤と蓄積されたノウハウにより圧倒的な存在感を示し、アドバイザリー金額・件数ともに日本ではトップランナーです。

私は、M&Aの買手企業または売手企業のアドバイザーとして、案件ストラクチャーの構成、スケジュール管理、相手先との価格・条件交渉等、一連のM&A業務全てを担当しています。業界再編や、産業動向を睨みつつM&Aの機会を創出する段階(オリジネーション)から、財務・法務のデューデリジェンス等を踏まえた価値算定、価格・条件交渉など案件遂行の段階(エグゼキューション)まで、M&Aの専門家としてお客さまへの提案を行っています。弁護士、会計士、税理士などの専門家と接点を持つ場合も多く、ファイナンス、法務、会計、税務など様々な知識が必要ですし、様々な業界を横断しつつ案件を構築していくため、業界動向、プレーヤーの動向など、各種業界に関する知識も不可欠です。

  • 写真

企業価値の永続的な向上をお客さまとともに目指す

M&Aは、企業の未来に大きく影響を及ぼす可能性を持っており、大切な成長戦略の一つです。経営者がM&Aの決断に至るまでには、財務面でのメリットやシナジー効果の検証だけでなく、自社戦略における当該M&Aの位置付け、商材や商圏の拡大、従業員や経営陣の感情、人事制度など、様々な要因を総合的に検証するプロセスを経なければなりません。入念な情報収集やデータ分析、多くの利害関係者の思惑にも考えを巡らせながら、経営者と濃密な議論を重ねていきます。時には経営者の判断により、クロージングの直前に案件が延期になってしまうことや、振り出しに戻ってしまうこともあります。お客さまの我々に対する期待値は非常に高く、根気と忍耐力は必要ですが、お客さまに最も満足いただける結果を追い求めることで、経済・社会の未来を創造していることを実感できる、とてもやりがいのある仕事です。

我々M&Aアドバイザリーの仕事は、企業価値を永続的に向上させることであり、M&Aを成功させることではありません。単に買収候補を探し、案件の進捗を管理するだけでは、付加価値の高いM&Aの提案とは言えないのです。お客さまのビジネスや、お客さまを取り巻く環境を真に理解し、お客さまの成長に資する案件を実現させていくことによって、私自身も成長していきたいと思います。そして、M&Aのプロフェッショナルとして<みずほ>を代表する存在となり、また新たなM&Aの実現に貢献していきたいと考えています。

© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.