ページの先頭です

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに 新卒採用情報サイト2018

Licensed by TOKYO TOWER

個人商品開発 倉富 沙織

一日のスケジュール

入社2年目で新商品の開発に参加

現在、私が所属する個人マーケティング推進部では、<みずほ>の個人のお客さま向け商品・サービスの開発や推進をしています。その中でもカードローンや教育ローンなどの<みずほ>の個人のお客さま向けのローン商品開発、販売促進キャンペーンの企画・立案をすることが私のチームの役割です。お客さまのライフイベントに合わせ「どのようなローン商品のニーズがあるか」「どのようなキャンペーンをすれば効果的なのか」を分析し、その結果をもとに新商品の開発やキャンペーンの企画・立案をしています。

就職活動の時、「大学で学んだ情報科学や社会心理学、広告コミュニケーション学を活かせる仕事に就きたい」という思いで企業研究していました。その中で<みずほ>のプランニングスペシャリストコースを志望した理由は、「データ分析等の業務を通じて専門性を発揮するだけではなく、社内のあらゆる部署に関わる全社的な視点や、経済・社会の発展を支えることで広く世の中を見渡す能力が身に付けられる」と、他の会社にはない魅力を感じたからです。そして現在、就職活動の際に感じていた想いは業務で実現しつつあります。

その一つが「みずほMyWing」サービスの開発です。このサービスは、若い女性の夢の実現やステップアップをサポートすることを目的とした、カードローンを含む金融総合サービスです。少額からの融資を受けることができたり、お金に関するさまざまなご質問にお答えするサービスがあったり、ご利用残高に応じて抽せんでプレゼントの特典があったりするなど、2014年冬のリリース以来、順調に契約件数が伸びています。

この商品が生まれた背景に、カードローンを利用される層が40-50代の男性と偏っており、20-30代の女性からの利用が低いといったマーケティング分析結果がありました。カードローン利用のネガティブな印象を、夢の実現のサポートとして「ポジティブな印象にならないか?」という目的が企画の大きなポイントでした。 当時、入社2年目でしたが、想定利用者の属性データ分析や獲得・利用実績レポートの作成、メールマガジン配信に係るデータ作成や原稿案の作成など、積極的に業務に参加することで、<みずほ>には若手であっても裁量が与えられると感じました。 ATMコーナーや店頭窓口に「みずほMyWing」のポスターが並んだときの感激は今でも忘れることができません。

  • 写真

「自分だけの付加価値」がやりがいに

普段の仕事においては、いわゆるITスキルが欠かせませんが、実は私自身、大学時代にプログラミングの経験は全くありませんでした。しかし、入社後に周囲の先輩方の手厚いサポートがあったため、スキルの習得にはそれほど苦労しませんでした。それよりも難しさを感じたのは、業務知識の習得です。オープンソースがあるITスキルとは異なり、経験に基づくノウハウを習得するためには、さまざまな部署の方とのコミュニケーションが非常に大切でした。これまでに築き上げた人とのつながりは私の強みになっていますし、習得した知識・ノウハウを現在の仕事に活かして、「自分だけの付加価値」を生み出していくことが、私自身のやりがいにもつながっています。

現在、新たに取り組んでいるのは、インターネットからのカードローンの申込率の向上です。「カードローンの申込ページのなかでも、特に離脱率の高いページがあるのではないか?」という仮説に基づき、どこに課題があるのか、その分析・改善を進めています。またチーム内の検討会では、「こんなことができたら面白いのではないか」とさまざまなアイデアが飛び交っています。IT技術の発展はめまぐるしく、現在は夢のように思える話であっても、近い将来実現するかもしれません。特に<みずほ>の持つ膨大かつ多様なお客さま情報は、新たな金融商品やサービスを生み出す可能性を秘めています。今後は私自身がチームの中核として、大学時代に培った数学的思考能力や、入社後に築き上げた人とのつながり、知識・ノウハウを活かしながら、新たな企画開発の中で「自分だけの付加価値」を生み出し、お客さまの夢や希望の実現に貢献していきたいと思っています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

7時間00分
起床
朝食は必ず摂るように心がけている。
コンビニやカフェに寄ってから出勤することも。
8時30分
出勤
メールチェック。その日のスケジュールを確認し、タスクを整理。
9時00分
朝会など
チームの朝会や担当者ミーティングで、庶務連絡や案件の共有、進捗状況の報告。業務に関する手続きの変更などがあれば、必要に応じて勉強会を実施。
10時00分
定例業務
計数管理など実績報告の作成など定例的な業務に取り掛かる。プログラム実行やスタッフへの業務依頼をする。
12時00分
昼食
社員食堂でチームメンバーと昼食。
13時00分
社内ミーティングなど
担当者や外部関係者とのミーティング。有識者からの知見を募ったり、担当案件業務を進める。
15時00分
社外ミーティングなど
カードローンのインターネット申込サイトの現状分析、改善策について大手広告代理店とのミーティング。
18時00分
休憩
他部署の先輩に現在抱えている案件を相談しながらコーヒーブレイク。
20時00分
退社
処理に時間がかかるプログラムは、夜間に実行するように設定し退社。
21時00分
帰宅
自宅で夕食。テレビやインターネットだけでなく、ラジオなどの情報源も大切にする。
23時30分
就寝
雑誌を読みながら湯船に浸かり体をあたためる。ストレッチをして就寝。
© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.