ページの先頭です

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに 新卒採用情報サイト2018

Licensed by TOKYO TOWER

一日のスケジュール

外部へのジョブ公募経験でさらに大きく成長

私はフィナンシャルコンサルタント(FC)として、入社3年目ごろから特に地権者のお客さまを中心に担当するようになりました。地権者のお客さまは多くの不動産を所有していることから、資産承継のニーズをお持ちのケースが多く、<みずほ>の多岐にわたるノウハウを活用してお客さまのニーズに応えることが増えてきました。

そんな時に、税理士法人「山田&パートナーズ」へのジョブ公募を知りました。相続税計算等の実務サポートを経験しつつ、富裕層向けコンサルティングのノウハウも習得できることから、飛躍的にソリューション提供力を向上させるチャンスと考え応募し、合格することができました。

「山田&パートナーズ」には、会計士、税理士、弁護士、司法書士等がグループ全体で1,000人以上在籍しており、私は税理士・会計士の部署に所属しました。着任当日に渡された500ページくらいある書籍を勉強しながら、不動産賃貸業を行うお客さまの確定申告や相続税計算など、税理士と肩を並べてサポート業務を経験させていただきました。同時に富裕層や企業向けコンサルティングの実務も肌で感じることができ、知識・経験とも大きく成長できたと思っています。

<みずほ>に戻ってからは、事業承継や資産承継のソリューション提供能力が、自分の強みとなったことを実感しています。資産承継のニーズをお客さまからお伺いしたら、資産管理会社や不動産の活用、生前贈与など、最適なソリューションをその場ですぐ提案できるようになったので、お客さまからの反応が以前と違うことに手ごたえを感じています。

  • 写真

大事なのはお客さまを想い、応え、信頼していただくこと

現在は、企業オーナーなど数十名の個人のお客さまと、そのオーナーが経営されている会社を中心に約30社の中小企業を担当しています。個人と法人の両方を担当しているため、習得すべき知識や業務も多様であり、仕事の優先順位や時間配分などに苦労するときもあります。しかし、お客さまに個人と法人の枠を超えたトータルコンサルティングを提供し、その両方の夢をかなえることが可能なFCという仕事に、とてもやりがいを感じています。

例えば私が担当している、ある企業の案件の話です。その企業のオーナー社長は65歳でまだまだお若いのですが、将来はご子息に会社を継いでもらいたいと考え、少しずつ会社の株式をご子息に生前贈与していました。しかし、実はご子息自身は会社を継ぐつもりはなく、父親である社長に遠慮してそれを切り出せずに悩んでおられたのです。企業だけでなく、社長を含めたご家族までも担当している私は、ご子息のお悩みを知ってすぐに解決策を考えました。「社長の気持ちをできるだけ傷つけずに、ご子息の気持ちを社長に伝えること」「今後も経営面で不安なく、従業員の方も安心して働ける企業であり続けること」の2点をベストな形で実現するための方法はないのか、これまでの経験も踏まえて必死に考えた結果、一つの解を見出したのです。それは、「もし社長に万が一のことがあった場合、相続税の問題等もあるので、このままではご子息の意思に反して、ご子息が会社を継がなくてはならなくなってしまう。社長にとって大切なご子息と会社の両方の将来を見据えるのであれば、この段階での会社の外部売却も選択肢の一つではないか」 という内容でした。社長とご子息を前にこのプレゼンをしたところ、最初はかなり驚かれましたが、最終的には「栗原さんの考えてくれた方法が、我々にとってベストな判断だと確信したよ」と言っていただけたのです。

この案件で改めて感じたのは、やはりFC自身が会社と個人の両方を想い、自身の人間力を発揮し、関係者の信頼を得ることが最も大事であるということです。これからもお客さまの想いに応えるべく、ご融資や不動産有効活用などの法人ニーズと、事業承継や資産承継など企業オーナーの個人ニーズの両方を、高いレベルで満たすことのできるFCであり続けたいと思っています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

6時00分
起床
朝食をとりながら海外マーケット状況をチェック。身支度を済ませ、家を出る。
8時00分
出社
一日のスケジュール、および提案資料の最終確認。全体朝礼にてCSを徹底。
その後、課内ミーティングで今週の目標を再確認し、本格的に一日がスタート。
10時00分
お客さま訪問
最近の業界動向を踏まえ、お取引先企業とディスカッション。
次回の本部専門部署との訪問に向け、帰店後に日程調整を行う。
12時00分
昼食
社員食堂にて昼食。他課のメンバーと情報交換や雑談をしながら食事。
13時00分
お客さま訪問
ご融資の契約のため、お取引先企業を訪問。その後、個人のお客さま宅を訪問し、
運用商品のアフターフォローとマーケットを踏まえた今後の戦略をディスカッション。
16時00分
帰社
帰社後、上席と新規アプローチ中のお客さまに対する方針を協議。
協議を踏まえ、翌日以降のお客さまとのディスカッションに備える。
17時00分
社内作業
一日の行動の振り返り、営業日誌の作成。
融資稟議の作成や、お客さまへの提案資料の作成もこの時間に行う。
19時30分
退社
この日は出向していた税理士法人山田&パートナーズの飲み会に参加。
最近の税制トピックスやコンサルティング事例を仕入れた後は、昔話で盛り上がる。
23時00分
帰宅
テレビでビジネスニュースを視聴し、ホットな話題を収集。
お風呂に入って一日の疲れを取り、24時30分頃には就寝。
© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.