ページの先頭です

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに 新卒採用情報サイト2018

Licensed by TOKYO TOWER

一日のスケジュール

<みずほ>の持つあらゆる知見をRMとしてコーディネート

私は鉄鋼や紙・パルプなど素材系の業界を担当する部署で、主に日本を代表するような大手メーカー系商社を担当しています。お客さまの企業規模が大きいため、財務や海外戦略の話のみならず、商流に関わるいくつもの業界や競合他社の動き、さらには不動産・人事・総務の話まで、多方面にわたる広い守備範囲が求められます。金融ニーズだけでも、資金調達に加え国内外における企業グループの資金効率化や為替リスクヘッジの手法提案、海外進出や国内外のM&Aに関するアドバイザリーなど多様で、個々の案件対応においてはテーラーメイド化が必須です。そのためにはお客さまとの信頼関係構築はもちろん大前提ですが、私自身が先頭に立って、社内外の多くの人や部署を巻き込んで、<みずほ>としてお客さまのニーズにお応えするコーディネート力が大事なのです。

  • 写真

お客さまの潜在ニーズをとらえてWin-Winの関係を築く

世界十数カ国で50拠点以上の海外ネットワークを有し、海外売上高比率は約4割に達するグローバル企業のお客さまに対して、テーラーメイドで対応した案件があります。お客さまとは常日頃から中長期的な成長戦略についてディスカッションを行っておりましたが、その中でアメリカのシェールガス革命がお客さまにとってビジネスチャンスになり得る、と考えました。海底から算出されたシェールガスをアメリカ本土に送る過程で、鋼管などのさまざまな商材が必要になるからです。そこでまずは産業調査部米州調査チームなど<みずほ>の米州拠点と密に連携を取り、徹底的に市場調査を行うことにしました。調査の中で見えてきたのは、持続的成長が見込まれるアメリカのエネルギー分野の開発で必要不可欠な、油井管やラインパイプ・鋼材等の関連商材を取り扱うディストリビューター企業(商社)の買収でした。

お客さまの場合、すでにアメリカで製造・販売の拠点を複数保有していましたが、さらに事業を拡大するためにはディストリビューター網を拡大する必要がありました。アメリカ全土を網羅する流通部門を手に入れることができれば、既存の製造・販売の拠点と連動した、“完成されたサプライチェーン”を獲得することができます。また、販売面のみならず、アメリカ内外の仕入リソースも獲得できることから、既存の製造・販売拠点にとっても取り扱い商材が多品種となり、販売先のニーズにきめ細やかに対応することが可能となります。
最終的には500ページ以上にわたる調査報告書を作成。全役員が出席する執行役員会議の場で調査結果のプレゼンテーションを行い、アメリカのエネルギー分野の鋼管流通事業への参入が、いかにお客さまの成長戦略に資するかを提言しました。
また、買収候補先の選定にあたってはみずほ証券と連携。全世界にネットワークを有する<みずほ>だからこそ、アメリカの買収先企業をも提案することができるのです。
今回のプロジェクトでは買収資金のファイナンス対応まで、全てを<みずほ>の総力を結集してサポートしました。2年にも及ぶプロジェクトが終了した際にはお客さまより「この案件はわが社のことを知り尽くしていることはもちろん、エネルギー分野の動向や付随した鋼材需要、世界の経済動向を高いレベルで把握したうえでないと提案できないもの。<みずほ>でしか成しえないプロジェクトであり、わが社の新たな成長への大きな一歩となった」との言葉をいただきました。バンカーとしての醍醐味を感じた瞬間でした。

<みずほ>は上場企業の約7割のお客さまとお取引をいただいています。日本経済をリードする大企業を担当するためには、例えば鉄鋼業界においては、国内外の大手鉄鋼メーカーの動向はもちろんのこと、関連する自動車、造船や家電、建築業界の将来を見通したうえで、現実的な個々のニーズに応えなくてはなりません。今後も、お客さまのあらゆる切り口に対して、関係各部やグループ各社をコーディネートして真のソリューションを提供していきたいと思っています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

7時00分
起床
身支度をしながらマーケット状況をチェック。
8時30分
出社
出社後、若手行員との毎朝のマーケットや成功事例勉強会を実施。
9時00分
社内作業
アナリストレポートや業界紙に目を通し、市場動向、お客さまが属する業界の最新トピックスをインプットし、午後のプレゼンに備える。
12時00分
昼食
昼食はお互いのコミュニケーションをとる良い機会なので、基本的にチームメンバーと雑談しながら社内食堂で食事を取る。たまにお客さまとの面談の延長線上で、お客さまの社員食堂で食事をすることも。
14時00分
取引先訪問
上司・関係部署とお客さまを訪問し、事業戦略に関するプレゼンならびにディスカッション。
18時00分
社内ミーティング
帰社後、社内関係部と今後の提案内容のディスカッション。また海外拠点との情報交換を兼ねたTV会議なども行う。
20時00分
社内作業
お客さまとの面談記録や融資案件に関する稟議書の作成。融資稟議書の作成にあたっては、あらゆる角度から妥当性を検証し、資料を作る。
21時00分
退社
翌日のスケジュールを確認するとともに、週次スケジュールの見直し。
0時00分
就寝
© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.