ページの先頭です
マイページ / エントリー
マイページ / エントリー

マイページ / エントリー

2022年度新卒採用
マイページ
エントリー
キャリア採用
エントリー
CLOSE CLOSE

トップメッセージ Top Message

『お客さまから今まで以上に必要とされ頼りにされる、より強力で強靭な金融グループ』をめざして 株式会社みずほフィナンシャルグループ 執行役社長 グループCEO 坂井辰史 Tatsufumi Sakai

<みずほ>の“変革”

世界の経済・社会、そして人々の生活における構造変化が加速度的に進展しています。デジタル化、少子高齢化、グローバル化といったメガトレンドの下、世の中が変わり、顧客ニーズが変わる中、「金融」という業界も、これまでの発想を遥かに超えた、非連続的な構造変化に直面しています。
このような劇的な変化は、これまでに築き上げた成功体験に固執する者にとっては大きな脅威となる一方で、変化を怖れず自らを変革していく者には千載一遇のチャンスでもあります。
私たち<みずほ>は、柔軟な発想で変わりゆく時代に向き合い、変化に対応するだけでなく、むしろ変化を自ら創り出すことによって、こうした千載一遇のチャンスを捉えて更に大きく飛躍していきます。従来の金融の領域にとらわれず、お客さまの夢や希望、あるいは不安といった、より本源的なニーズそのものに正面から向き合う。そして、金融・非金融の融合領域を含め、金融にまつわる様々なことをつなげ、「金融+α」のソリューションを提供し、「金融を巡る新たな価値」を創造する。こうした取り組みを通じて、お客さまと新たなパートナーシップを構築し、『次世代金融への転換』を図ります。

<みずほ>の“強み”

『次世代金融への転換』を実現するために、これまで培ってきた<みずほ>の以下の強みを、新たな時代に即した形で最大限に発揮していきます。

顧客基盤・ネットワークと信頼・安心感

新しい一万円札の図柄である渋沢栄一が、日本最古の銀行として、<みずほ>の前身の一つである第一国立銀行を設立してから約150年の月日が流れており、この長い歴史の中で培ってきた国内外の厚い顧客基盤や幅広いネットワーク、そして信頼・安心感こそが、私どもの最大の強みであると考えています。

  • 国内においては、全都道府県にわたる拠点ネットワークを活用し、2,400万人の個人のお客さまや、約7割の上場企業を始めとした、特定の企業集団等に偏らない幅広いオープンな顧客基盤を特色としています。
  • 海外においても、約120の拠点において、Forbes Global 200に挙げられる海外大企業の約8割と取引を行うなど、グローバルな顧客基盤を有しています。
  • これらの顧客基盤やネットワークを基に、長い歴史の中で培ってきた信頼や安心感は、キャッシュレスやデータビジネス等の新たな分野に事業を拡大していくうえで、他のフィンテック企業や新興企業にはない大きな強みとなります。

金融機能・市場プレゼンスと非金融領域への対応力

<みずほ>はグループ内に様々な金融機能を有しており、市場における高いプレゼンスを有しています。

  • 日本国内では、シンジケートローンのリーグテーブルにおいて10年連続で1位を獲得しており、公募債(事業債・電力債)も常にトップに位置する等、主導的な地位を確立しています。
  • 海外でも、米州の社債引受(DCM)ランキング(2018年度、投資適格)において当社がターゲットとする大口顧客に対して米系大手3社に次ぐ非米系トップの4位となるほか、アジアのトランザクションバンキングにおいて業界専門誌による各種アウォード(Best Asian International Transaction Bank、 Best Trade Finance Bank等)を継続的に受賞する等、高いプレゼンスを有しています。

加えて、<みずほ>は、邦銀随一の産業調査をはじめとするリサーチ機能や、みずほ信託銀行が誇る信託業界トップの不動産業務など、金融のみならず非金融の分野にも様々な強みを有しており、新しい時代における顧客ニーズに正面から向き合い、新しい価値を生み出す上での差別化戦略の鍵となっています。

<みずほ>は、こうした自前の強みを、銀行・信託・証券・アセットマネジメント・リサーチ&コンサルティングといった「One MIZUHO」のグループ一体的なビジネス推進体制によって最大限に発揮していますが、更に、「デジタル化」を徹底的に推進する中で、異業種を含めた「外部との積極的な協働」にも取り組み、一層パワーアップしていきます。規模や業種を問わず多様なプレーヤーと連携しながら、顧客ニーズへの対応という共通の目標の下でオープンに手を組み、金融と非金融という二つの領域を融合させていくことで、お客さまに本当の意味での付加価値を提供できるのではないかと考えています。ソフトバンクと連携した個人向けレンディングスコアのJ.Score、全国各地の地域金融機関と連携したキャッシュレスの仕組みであるJ−Coin Pay、LINEとの提携による銀行の設立発表等を例として、顧客接点、サービス、インフラ等を、機動的、柔軟、かつオープンにつなぎ合わせ、お客さまのあらゆるニーズに応えていく取り組みを進めています。

<みずほ>で“働く魅力”

先ほどご説明した通り、<みずほ>は全世界で優良な顧客基盤や幅広いネットワークを擁する世界有数の金融グループです。皆さんには、日本だけでなくグローバルなフィールドで縦横無尽に活躍する場が用意されています。
また、お客さまのあらゆるニーズに最大限応えていくグループ一体的なビジネス推進体制を更に強化する形で、銀行・信託・証券・アセットマネジメント・リサーチ&コンサルティング等のグループ各社を横断する活発な人事異動を行っています。これはグループ横断的に適材適所を考え、機動的な人員配置を進めることにより、組織活力と社員個々人の能力の向上を狙っているものです。

こうした大きな活躍の場、グループ横断の業務フィールドに加え、自発的・主体的に行動する社員一人ひとりを支える人事運営の変革に取り組んでいます。変化するお客さまのニーズと、「自分らしく働きたい」という社員の新たな価値観に対応し、社員自らの成長や、やりたい仕事にフォーカスし、「社内外で通用する人材価値の向上」を実現する人事運営を目指しています。

  • 具体的には、自らが希望する職務に挑戦できるジョブ公募制度を設定しているほか、担当業務を継続しつつ興味のある業務やプロジェクトにも携わる機会を提供する「社内・社外兼業」制度を2019年度に導入しています。

こうした魅力ある職場において、社員一人ひとりが生き生きと働くことで、金融業界にありがちな、ルールや手続きといった「形式」を重んじるカルチャーではなく、ビジネスや現場の「実質」を重視した新たなカルチャーを創造していきたいと考えています。

株式会社みずほフィナンシャルグループ 執行役社長 グループCEO 坂井辰史 Tatsufumi Sakai

<みずほ>をめざす皆さんへのメッセージ

私たち<みずほ>は、『次世代金融への転換』を果たし、『お客さまから今まで以上に必要とされ頼りにされる、より強力で強靭な金融グループ』をめざしていきます。そのためには、多様な人材が集い、お互いに密にコミュニケーションを行うことで、変化を創り出すことが必要不可欠です。

そこで、<みずほ>の変革の一翼を担っていただくにあたり、私たちが重視する2つの「行動軸」を皆さんにお伝えします。

Open & Connected

顧客や地域、機能といったさまざまな要素をグループの内外を問わず、よりオープンにつなぎ合わせ、「金融を巡る新たな価値」を創造する

熱意と専門性

お客さまの夢や希望に、一人ひとりが想いをもってしっかりと向き合うと共に、高い専門性に裏打ちされた強みを発揮し、顧客ニーズを先取りして「考え・動き・そして実現する」

<みずほ>は、これら行動軸を役職員一人ひとりがもつことで、お客さまと新たなパートナーシップを構築し、個人・オーナーのお客さまに対しては「新たな社会におけるライフデザインのパートナー」、法人のお客さまには「産業構造変化の中での事業展開の戦略的パートナー」、そして、市場参加者のお客さまには「多様な仲介機能を発揮する市場に精通したパートナー」としての地位を確立していきます。

皆さんには、<みずほ>の特長である、多種多様な人材を受け入れる「自由闊達な企業風土」と、自分の夢や目標を実現するために挑戦し続けることができる「広範な活躍の場」を徹底的に活用し、この『次世代金融への転換』を実現するという大いなる挑戦に加わっていただきたいと思います。

© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.