ページの先頭です

インタビュー

出会いに導かれて歩んできた道
この先もまだ見てみたい。

個人営業課 課長

川西 里奈

2006年入社

MY CAREER

MY CAREER MY CAREER

仕事はメリハリ今度は私がロールモデルに。

「個人のお客さまを担当したい」という気持ちからFC(フィナンシャルコンサルタント)一期生として入社。二つの支店と本部での業務を経験後、入社10年目の2016年、駒込支店の個人営業課長を任されました。ミッションは、課員とともに「個人」のお客さまのマーケットを開拓・深耕し、業績を牽引していくこと。もちろん課長ですから、部下の「業績管理」「育成・指導」も重要な業務です。担当エリアは、富裕層のお客さまが多く、潜在的な需要は大きい一方、年齢層が高い分、特定の証券会社と長いお取引があったり、顧問弁護士や顧問税理士がついていたりして、銀行からのアドバイスを必要としてないという方も少なくありません。そのような環境で、新規取引に結び付けるためには、長い時間をかけた関係構築が大切です。単に利益を追うのではなく、まずは信頼関係の構築に努める必要があるということです。私には、これまでの経験からマーケットに合わせた営業戦略を立案・実行し、着実に成果を上げることができるという自負があります。それは、最初に配属された支店で学んだ、お客さまの声にじっくり耳を傾ける姿勢や、次の支店で鍛えたコンサルティング力、正確かつスピーディな対応力に自信があるからです。私は仕事をする上で「一期一会」という言葉を大切にしています。お客さまとの出会い、一緒に働く仲間と共有する喜怒哀楽、プライベートでの友人との語らい、すべてが私にとってはかけがえのない宝物であり、私を豊かにしてくれる活力の源です。結婚もその一つとなっています。結婚後は、家庭と両立するために、常に効率性を意識するようになりました。

川西 里奈の写真 川西 里奈の写真

現在は課長という立場になり、これまでとは別の形の「一期一会」から日々刺激を受けています。とはいえ、まだまだ業務の幅にも深さにも追いついておらず、苦労の絶えない状況で、業種は違うものの同じ管理職という立場にある夫にアドバイスをもらうこともあります。
課員が相談しやすい雰囲気をつくるため、一人ひとりがどんなことに取り組み、どんな状況にあり、何を感じているのか、その全体を把握するように努めています。反対に課のメンバーに助けられることも多く、メンバー全員が互いを尊敬し、助け合えるこの環境には感謝しています。今後も、メンバーとともにお客さまのお役に立てる喜びを分かち合い、達成感や、充実感を共に味わいたいと思います。
これからライフイベントのたびに生活が変わり、新しい「一期一会」を体験すると思います。限られた人生の中での貴重な出会いを大切にし、<みずほ>という舞台でキャリアを積んでいきたいと考えています。

© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.