ページの先頭です

女性活躍推進への取り組み Active Participation of Women

<みずほ>では、女性活躍推進を重要な経営戦略と位置付け、基本方針「4つのR」を制定し、
女性管理職の数値目標を掲げ、部店長・課長への登用、各種キャリア教育、
人的ネットワーク構築の機会提供など、女性社員のキャリア形成を支援しています。
そうした先進的な取り組みが評価され、女性活躍推進企業としてさまざまな認定を受けています。

女性の活躍のための
基本方針「4つのR」

「4つのR」

<みずほ>の社員の4割以上を構成する女性社員が高い意欲を持ち、能力を存分に発揮できる環境づくりに向けて、女性の活躍のための基本方針「4つのR」を制定し、各種施策に取り組んでいます。

Recruit
積極的な女性採用を推進
・必要な人材の積極的活用
・基幹職における新卒採用の女性比率30%程度
Raise
女性の多彩な活躍を促進し、管理職などへの登用も推進
・公平公正な評価の徹底
・女性管理職比率目標を定め、登用を推進
・研修の拡充によるスキル・ノウハウ習得支援
Retain
社員の活力を存分に発揮できる環境整備を進め、意欲の維持向上を図る
・出産・育児にかかわる障壁極小化のためのワーク
・ライフ・バランス制度の拡充
(法定を上回る育児休業、短時間勤務措置等)
・仕事と家庭の両立をサポートする柔軟な人事運営
(配偶者の隔地間異動に伴う隔地間人事異動の実施等)
・事務所内保育所の設置・運営
Relate
積極的に社内外との対話に努め、組織全体として意識変革を図る
・社内外との積極的な対話の推進
・組織全体の意識改革推進

女性社員に対する
キャリア教育

1. キャリア形成サポート研修

グループ共通で社員のキャリア形成サポート研修を実施しています。女性の戦略的育成プログラムとして、能力開発、成果発揮、組織牽引の3つの段階に応じて、女性がキャリアを築いていく上で直面しがちな課題(ライフイベントとの葛藤等)に着目した研修を実施しています。また、研修実施後の定着を図るべく、研修受講後にはフォローアップとしてキャリアアドバイジング面談も実施しています。

2. 女性キャリアアドバイザーによるアドバイス

社会環境の変化や、結婚・出産・育児・介護といった社員一人ひとりの環境変化に柔軟に対応しながら、「本人のキャリア自律」や「部下のキャリア自律支援」など、中長期的な視点からキャリア構築についての相談に対応する面談制度を用意しています。女性社員を対象に、社外の女性キャリアアドバイザーによる面談も実施しています。女性ならではのキャリア形成上の悩み等へのアドバイスも受けることが可能です。

3. コーチング制度の導入

組織を牽引する立場にある女性社員については、女性の持つ多様な発想や価値観を日々の業務推進や重要な戦略立案・意思決定に反映していくため、より高度なリーダーシップ発揮につなげる機会を提供しています。

女性の戦略的育成プログラムの図
コーチング制度の導入の写真 コーチング制度の導入の写真

ワークライフバランス

<みずほ>では、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮できる働きやすい環境整備に取り組んでいます。自家からの通勤が困難な社員に寮を準備し、社会人としての円滑な立ち上がりをサポートしています。
また、出産・育児や介護などのライフイベントに際しては、仕事との両立を支援する多様な両立支援制度により、仕事と家庭を両立しながらのキャリア形成サポートに取り組んでいます。詳細は、「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進をご覧ください。

女子集合寮

<みずほ>の多くの新入社員が独身寮に入っています。「寮ってどんなところ?」「寮生活に馴染めるだろうか…。」と心配しているみなさんに、少しでも〈みずほ〉の寮について知っていただきたいと思います。

女子集合寮の写真
寮生活を充実させるため、
談話室・自習室・トレーニング室も完備!!

Interview

寮ならではのメリットがある。
オンもオフも充実した環境での生活。

北 香織

2014年入社/基幹職(専門)

北 香織の写真

寮に入ることは想像していなかったので、初めはとても驚きました。実際に寮生活を送ってみて、同期との繋がりは自宅通勤の人以上に深いと感じます。何より、すぐに面と向かって情報交換できる点がありがたいです。特に1年目のうちは他の支店のOJTの進め方などを聞いて参考にしていました。寮の同期とは苦楽を共にし、今では何でも相談し合えるかけがえのない存在となっています。休日は、想いのまま部屋で自由な時間を過ごしています。テレビを見たり、PCに触ったりと実家にいたときとあまり変わりません。資格試験の勉強や研修の課題を自習室で同期と一緒にやることもあります。食堂やお風呂では、寮の仲間と仕事の相談やプライベートの話をして楽しい時間を過ごしています。

コネクティビティ

<みずほ>では、職場の先輩や研修で出会った仲間など、少し面識があるだけで気軽に相談や質問ができる、そんな関係の一つひとつを「コネクティビティ」と呼び、多様なつながりの場作りをサポートしています。こうしたつながりは、新たなビジネスへの気付きや人脈などを生み出し、一人ひとりの成長や<みずほ>で働くことへの「やりがい」につながっています。例えば、<みずほ>のグローバルウーマンネットワーク「M-WIN(Mizuho Women’s Initiatives Network)」は、<みずほ>の女性社員が、地域・エンティティを超えてグローバルにつながり、刺激し合いながらキャリア形成の機会とする社員の自立的なネットワークです。女性の活躍にかかる組織横断的な課題をグローバルに見極め、その解決につなげることをめざして活動しています。

コネクティビティの写真 コネクティビティの写真

先進的な
女性活躍推進企業としての
評価

さまざまな取り組みが実を結び、2016年にはダイバーシティ経営に積極的な企業として「新・ダイバーシティ経営企業100選」の受賞、女性活躍推進に優れた企業として「なでしこ銘柄」に選定、高い水準で従業員の子育て支援に取り組む企業として「プラチナくるみん」に認定され、多様な人材の活躍推進に関する取り組みを評価されています。また、男女平等の職場環境の構築、情報開示や実績、方針などの優れた企業として2017年・2018年の2年連続「Bloomberg Gender-Equality Index」にも選定されています。

プラチナくるみん Bloomberg Gender-Equality Index なでしこ銘柄 新・ダイバーシティ経営企業100選
© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.