ページの先頭です

人事戦略のポイント Personnel Strategy

<みずほ>がめざす「総合金融コンサルティンググループ」を実現するためには、
社員全員がそれぞれの能力を伸ばし最大限に発揮し続けながら
グループワイド・グローバルベースに長く活躍していくとともに、
事業戦略を支える人材、さらには将来を見据え<みずほ>を力強く導いていくリーダーの育成が必要です。
そのために、人材の活躍促進とカルチャーの確立をめざして、
5つの戦略に取り組んでいます。

POINT.01

多様な人材の活躍の実現に向けた
「個」を尊重する人事運営

一人ひとりが能力を高めキャリアを形成していく過程において、それぞれの「資質」(性格・思考や持ち味)に着目し、「資質」を活かした職務経験を通じ、「積極的な挑戦」や「失敗からの学び」を繰り返すことで、潜在能力を最大限引き出していきます。

POINT.02

顧客セグメント別戦略を支える
人材確保・育成

各カンパニー・ユニットやグループ各社の事業分野の戦略実現に求められるエクスパティーズ(業務経験や能力、知識・スキルなど)を明確化したうえで、一人ひとりのキャリア志向を踏まえ、各事業分野を横断的に異動する人事ローテーションにより、競争力のある人材を育成していきます。

POINT.03

次世代経営リーダーの
選抜・育成

金融のフロントランナーをめざす<みずほ>の一員として組織を牽引する気概を有し、将来を切り拓く戦略を描き変革を推し進めるとともに、難局や危機においても組織を守り切る次世代経営リーダーの候補を早期段階から発掘し育成しています。

POINT.04

「人材」と「人事」の
グローバル化

グローバルビジネスのさらなる強化に向けて、日本人社員と外国人ナショナルスタッフの人事運営を一元化し、適材適所の人材配置をグローバルベースで徹底する。

POINT.05

「ダイバーシティ&
インクルージョン」の推進

社員一人ひとりの多様な視点や発想を日々の業務推進や意思決定に積極的に取り入れ、イノベーションや新たな企業価値を創造していくことをめざします。そのために、すべての社員が「働きやすさ」を感じながら、持てる力を最大限に発揮して活躍できる組織を実現していきます。

© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.