ページの先頭です

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに 新卒採用情報サイト2018

Licensed by TOKYO TOWER

ジョブ公募 足立 桂介 Job Posting

ジョブ公募

「金融とITシステムの両方のプロとして大きな役割を担う」

2002年入社 | 足立 桂介Keisuke Adachi

「ジョブ公募制度」に応募した理由

写真

私は現在、ITシステム企画・開発推進を担う部署で、主にRMが日々の提案・営業活動で利用する社内システムの、新規開発・レベルアップ案件の立案、進捗管理といったプロジェクトマネジメント業務を行っています。以前、私もRMとしてお客さまを担当しており、支店では上記のシステム(お客さまとのコンタクト履歴やお取引状況を入力し、提案・営業活動で利用するシステム)を頻繁に使っていたのですが、入力項目ごとに操作画面が異なっており手間がかかっていました。毎日使うシステムであるだけに、「入力項目をひとつの画面に集約するなど、さらに便利で効率的なシステムにできるのではないか」と考えることがありました。「自分のアイデアを形にする仕事ができれば面白いのではないか。」との思いが強くなる中、ジョブ公募制度でシステム部門のことを知りました。

私は文系の出身であり、システムに関する知識も一般常識程度しかありませんでしたので、システム部門の仕事が自分にできるのか不安もありましたが、「専門的な知識は配属されてから業務の中で身に付ければよい。」とのアドバイスを受けるなど、新しいことへのチャレンジを応援してくれる周りの雰囲気にも後押しされ、思いきってジョブ公募制度に挑戦しました。

実際にやってみるとアドバイスの通りで、これまで文系出身であることにハンディを感じることもなく、むしろ自ら望んだ仕事を任されることで、責任感を持って日々の業務に取り組んでいます。

現在の部署に配属されると同時に、希望していたこのシステムのレベルアップに取り組むチャンスを得て、支店時代の思いを実現することができました。支店時代の同僚に会うと「使いやすくなって業務が効率的になったよ」と言ってもらえることがあり、自分でも良い仕事ができたと思っています。支店勤務時代に培った金融業務知識を活用し、ITシステムの先端技術と組み合わせることで、より良いシステムインフラを構築することができたと思います。

金融とITシステムの両方のプロとして大きな役割を担う

写真2

システムというとプログラミングを想像されるかもしれませんが、前述の例にもある通り、我々システム部門は金融業務とITシステムの両方の先端知識を活かし、深い洞察力をもって最適解を見出すこと、すなわち様々な経営課題を解決し、競争力を生み出す、ITの効果的な活用を企画することが期待されています。またシステムの企画・開発推進においては、品質、コスト、スピードを高い次元で実現させるマネジメント能力も大切です。システム部門では専門的な知識・スキルも必要ですが、プロジェクトを成功に導くにはユーザー部門や開発部門との密接な連携をするためのコミュニケーション力や、幅広く関心を持ちアンテナを高く張って、活用できる先端技術はないか、プロジェクトの問題となるような事象はないか等の情報を収集し分析・活用する能力、問題解決力など、どのような分野にも共通するビジネススキルが必要であり、業務を通じてこれらの能力を身につけ、伸ばすことができます。

システムの仕事は、規模的にも予算的にも大きなプロジェクトとなることが多く、関係者も多岐にわたって多数存在するため、ひとつのシステムを作り上げることはとても大変です。しかしだからこそ、プロジェクトをマネジメントするやりがいも大きく、無事にやり遂げた時の達成感も格別なものです。

「公募制度利用者の声」トップに戻る

© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.