ページの先頭です

多様な人材の活躍を最大限実現する人材マネジメント革新 Human Resource Management

「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進により、社員一人ひとりの多様な視点や発想を日々の業務推進や意思決定に積極的に取り入れ、イノベーションや新たな企業価値を創造していくことをめざします。そのために、すべての社員が「働きやすさ」を感じながら、持てる力を最大限に発揮して、長く活躍できる組織を実現していきます。

多様な人材の活躍を最大限実現する人材マネジメント革新

すべての社員が、持てる能力を最大限に発揮して組織に貢献するとともに、自らも「やりがい」や「誇り」を感じながら活躍し、成長し続けることを実現する

MANAGEMENT.01
国籍問わず、高度な能力と経験を持った人材が活躍

<みずほ>では、国籍を問わず、高度な能力と経験を持った人材が国内外で活躍しています。グローバルベースでのビジネス進展に伴い、世界中で多様な国籍や文化を持つ海外現地社員(ナショナルスタッフ)の採用も積極的に推進。専門性の高い人材を各拠点が独自に採用し、キャリア形成や管理職登用などにも力を入れています。

ナショナルスタッフの人員推移のグラフ
女性の活躍推進の取り組み
<みずほ>では、女性の活躍推進を重要な経営戦略と位置づけ、キャリア形成支援に取り組んでいます。詳細は女性活躍推進をご覧ください。
障がい者が活躍できる職場をめざして
<みずほ>では、多様な障がいのある社員が、さまざまな職場で活躍しています。相談窓口の設置、ジョブコーチ機能による就労支援などにより、安心して長く働き続けられる職場環境づくりに取り組んでいます。さらに、特例子会社のみずほビジネス・チャレンジドには、2017年12月1日現在151名の障がい者が在籍し、各社本社ビルでのメール集配業務や、グループ各社のデータ入力・照会や書類発送などを行い、グループ全体の事務効率の向上に貢献しています。
LGBTへの取り組み

<みずほ>では、LGBTなどの性的少数者の社員が、不利益を感じることなく安心して働き、活躍できる職場をめざして、人事制度や福利厚生制度、相談窓口などの職場環境を整備し、研修などを通じて役員・社員への理解浸透・意識改革に取り組んでいます。2017年には、東京レインボープライドへの社員の参加や、同性カップルのお客さまも利用しやすい住宅ローンへの商品改定などに取り組んでいます。そうした取り組みが評価され、LGBT支援団体「wwP(work with Pride)」による「PRIDE指標」において最高評価の「ゴールド」をグループ各社で受賞しています。

LGBTへの取り組みの写真 WWP Gold 2016
© 2002 Mizuho Financial Group, Inc.