ページの先頭です
メインメニュー先頭です
本文の先頭です

<みずほ>のスマートフォン・ウェアラブル向けバンキングが「MCPC award2015」で  セキュリティ委員会特別賞を受賞

 

みずほ銀行は、スマートフォンなどのモバイルシステムの導入により、「お客さま満足度の向上」、「先進的なモバイル活用」などの成果をあげた事例を表彰する『MCPC award2015』で「セキュリティ委員会特別賞」を受賞。受賞した個人マーケティング部の担当者に、喜びと開発にまつわるエピソードを語ってもらった。

MCPCが主催する「MCPC award」とは
「MCPC award」は業界の枠を越えて、モバイルコンピューティングの普及促進を目的に設立された団体、MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)が主催しています。2003年から開催されており、総務省、経済産業省、日本商工会議所、東京商工会議所などが後援する権威ある賞です。

2010年から5年連続でMCPC award受賞 2010年から5年連続で
MCPC award受賞

MCPC award

個人マーケティング部のリモートチャネル・マーケティングチームという部署で、インターネット上で残高照会や振込・振替ができるインターネットバンキング「みずほダイレクト」の企画やマーケティングに携わっています。「いつでも、どこでも、べんりに」をスローガンに、さまざまなサービスを提供してきました。おかげさまで個人部門では2010年から5年連続、「MCPC award」で賞をいただいています。

これまでの歩み

2011「おうちのおかねアプリ」
夫婦“ふたりの生活”を応援するサイト「おうちのお金」のアプリ版。家計のシミュレーションや「おうち口座」の活用法など、これからの資産形成をお手伝いします。
2012「ATM店舗検索アプリ」
AR(拡張現実)モードを搭載。スマートフォンの位置情報をもとに近くの店舗の方向や距離がスマートフォン画面に映した風景に表示されます。
2013「みずほ銀行アプリ」
みずほ銀行アプリ 画像

※画像はイメージです

みずほ銀行ホームページのアプリ版。「みずほダイレクト」へのログインのほか、さまざまなスマートフォン向けサービスにワンタッチでアクセスできます。
2014「モバイルを活用したスマート受け付けシステム」
みずほ銀行アプリ 画像

※画像はイメージです

スムーズな来店と待ち時間の有効活用を促進。店舗で発券した受付カードを「ATM・店舗検索アプリ」に登録すれば、順番が近づくとスマートフォンへアラームでお知らせします。

2015年はスマートフォン・ウェアラブル端末向けバンキングの高いセキュリティを評価 2015年はスマートフォン・ウェアラブル 端末向けバンキングの高いセキュリティを評価

2015年は、スマートフォン・ウェアラブル端末を活用したサービスの提供と、スマートフォン向けバンキング「みずほダイレクトアプリ」の高いセキュリティを評価していただき、セキュリティ委員会の特別賞をいただくことができました。受賞の連絡を受けたときは、「お客さまのお役に少しでも立てられたかなあ」とうれしい気持ちでいっぱいになりました。

インターネット/モバイルバンキングをより安心して利用できるよう、
カード型のワンタイムパスワード生成機「ワンタイムパスワードカード」も提供。

セキュリティを評価

インターネット/モバイルバンキングをより安心して利用できるよう、カード型のワンタイムパスワード生成機「ワンタイムパスワードカード」提供。

ログイン入力操作の必要がなく、アイコンをタップするだけで残高照会ができる「簡便性とセキュリティの両立」をさせたこと、邦銀では初めてのウェアラブル端末向けアプリという「先進性」、そして「スタートアップ企業様との連携」で新しいシステムを構築したという、この3つが評価されたポイントだと思います。

  • 残高照会イメージ

    ホーム画面をタップすると預金口座の残高を表示
    ※画像はイメージです
  • プッシュ配信イメージ

    振込予定日をお知らせ
    ※画像はイメージです

Apple Watch®の小さな画面との戦い Apple Watch®の小さな画面との戦い

個人マーケティング部では2010年ごろからスマートフォン向けのサービスに力を入れてきました。ウェアラブル端末とは、2015年から発売が始まったApple Watch®のことです。Apple Watch®向けで、一番苦心したのは「小さな画面に何を表示するか」ということでした。

とにかく画面の大きさが極度に制限されているので、情報の絞り込みを行う必要がありました。お客さまが使いやすいようシンプルな表示を意識した画面構成とすることを心がけました。実際にサービスを開始した後も、多くのお客さまにご利用いただき、利便性と安全性のバランスのあり方について、身をもって体験できたことが今後の開発に向けての大きな糧となりました。

スタートアップ企業とのコラボが鍵 スタートアップ企業様とのコラボが鍵

開発が成功した理由のひとつは、スタートアップ企業様との連携ですね。システムに関しては金融業界に精通し、信頼性のあるシステム構築と運用で実績のある野村総合研究所様にお願いしました。デザイン面では、Money Smart社とコラボしました。2014年に創業した若い会社ですが、ドコモベンチャーズ提供のプログラムで「イノベーティブライフデザイン賞」を獲得するなどの実績があり、美しさや使い心地のよさといった感度の高いデザインで定評がある会社です。今回のコラボでも小さい画面でも分かりやすく、美しいデザインを実現することができました。

もうひとつは、社内の組織の垣根を越えて知見や技術力を集結できたことだと思います。行内ではユーザ部門、企画部門、IT部門、グループ内ではみずほ情報総研などが一同に介し、ディスカッションしながら作り上げていきました。

みずほFG ※画像はイメージです

新しいチャネルとサービスの開発に邁進 新しいチャネルとサービスの開発に邁進

「MCPC award」は国内の先進的な事例を表彰する枠組みであり、今後もお客さまのお役に立ち、結果として、このような賞をいただけるよう新しいサービスを開発、提供してまいります。

MCPC award

また、国内のみならず、グローバルに新しいサービスをご提供できるように、国内外のスタートアップ企業との連携も加速していきたいと考えています。

「いつでも、どこでも、べんりに」金融サービスを受けていただくために、スマートフォン・ウェアラブルの次に来るツールは何なのか、引き続き新しいチャネルの開発に携わっていきたいと思っています。受賞したアプリも、お客さまにどのようにお使いいただけば「もっと便利になるか」を追求し、運用に関してもさらに工夫を重ねていくつもりです。

また、<みずほ>では、インターネットやスマートフォンなどのリモートチャネルと有人の店舗などを連携した仕組みにも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

「問い合わせ窓口格付け」で最高格付けの三つ星獲得ページへ
文字サイズ
ページの先頭へ
サブメニュー先頭です
ページの先頭へ