ページの先頭です

東京2020 ゴールドパートナー就任会見

<みずほ>は、オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナーに就任しました。
その会見の様子をご覧ください。

株式会社みずほフィナンシャルグループは、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、銀行カテゴリーにおいて「東京2020ゴールドパートナー」の契約を、2015年4月14日に締結しました。

写真

東京2020への意気込みを語る、株式会社みずほフィナンシャルグループ・執行役社長:佐藤康博

「東京2020ゴールドパートナー」は、東京2020スポンサーシップ・プログラムの中で国内最高位に位置づけられております。<みずほ>は、2015年から6年間にわたり東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京2020」)をサポートいたします。

<みずほ>は、1964年東京オリンピックにおいて運営面における支援やオリンピック旗の保管などに携わっていました。半世紀を経た今、東京2020においても、地域社会に貢献し、国民のみなさまの未来への夢をかなえるお手伝いをいたします。<みずほ>は、いかなる時代にあっても、変わることのない価値を創造し、経済・社会に豊かな実りを提供するかけがえのない存在であり続けます。

東京2020は、スポーツ振興・文化の発展だけでなく、日本の成長・再興の国家プロジェクトであり、金融分野におけるイノベーションを促すことで、経済活性化にもつながります。<みずほ>は、高いグループ総合力、強固で広範な事業基盤、および培ってきた産業知見等の専門性を活かし、銀行パートナーとして東京2020関連ビジネスへの金融面でのサポートをはじめ、お客さまの新たなビジネスの創出等に貢献してまいります。

東京2020成功に向けて、各パートナー企業さまとの連携を進めるとともに、全国各都市にある<みずほ>の支店が地域貢献を進めていくことで、国民のみなさまとともにオールジャパンで大会を応援いたします。

写真
写真

「東京2020」組織委員会・会長:森喜朗を中心に、大会の成功に向けての姿勢をアピール

東京2020ゴールド銀行パートナー

写真

ページの先頭へ

【ご注意】このページは、みずほフィナンシャルグループに関する情報提供を目的としたもので、当社グループ各社の商品やサービスの勧誘を目的としたものではありません。当該商品・サービスに関する情報は、各社のウェブサイトをご覧ください。

ページの先頭へ