ページの先頭です

Activities:<みずほ>の活動

Activities:<みずほ>の活動

みずほフィナンシャルグループは、
東京2020に関するさまざまな取り組みを
実施しています。

未来(あした)への道
1,000キロ縦断リレー2017 3年連続で参画しました。
東京2020公認プログラムとなり、更に多くの参加者が集まったイベントになりました。
今回は東北復興のみならず、熊本復興支援の取り組みも合わせて発信しました。
COMMUNITY

2017年7月24日から8月7日の15日間かけて開催された「未来(あした)への道1,000キロ縦断リレー2017」(東京2020公認プログラム)に参画しました。
東日本大震災の記憶の風化を防ぐとともに全国から集まる参加者と被災者の方々の絆を深めるイベントで、全国から集まったランナーやサイクリストたちが、青森県から東京都までの約1,250キロの区間、リレー形式でたすきを繋ぎました。
今年もアスリートや著名人の方々がゲストランナーとして多く参加し、取り組みを強く発信しました。
ランナー、サイクリストのみなさんが通るコースには、震災の爪痕が残る場所もあり、復興を意識し続けることの大切さを再認識しました。
今回は、東北復興のみならず、熊本復興支援の取り組みも合わせて発信しました。
<みずほ>は復興支援の取組みとして協賛し、<みずほ>社員もコース沿道の支店社員がランナーとして参加し、改めて復興支援の取り組みへの気持ちを新たにしました。

※『東京2020公認プログラム』とは、この秋から始動した、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の大会ビジョンのもと、スポーツだけでなく、文化芸術や地域での世代を越えた活動、被災地への支援など参加者自らが体験・行動し、未来につなぐプログラムです。

各地で集まったランナーやサイクリストの写真1
各地で集まったランナーやサイクリストの写真2
各地で集まったランナーやサイクリストの写真3
各地で集まったランナーやサイクリストの写真4
笑顔を見せるランナーの写真
一生懸命走るランナーの写真
大勢のランナーやサイクリストが笑顔で参加している写真
ランナーやサイクリストが笑顔で両手を挙げている写真
ランナーが笑顔で沿道の声援に応えている写真1
ランナーが笑顔で沿道の声援に応えている写真2
7人のランナーが手をつなぎながら走っている写真

PAGE TOP

  • TOP トップ
  • Jump! CONCEPT コンセプト
  • Topics トピックス
  • Jump STORIES ストーリー
  • TVCM GRAPHIC 広告ギャラリー
  • ACTIVITIES <みずほ>の活動