ページの先頭です

<みずほ>東京2020特設サイト Webアクセシビリティ方針

このページを印刷する

このウェブサイト www.mizuho–fg.co.jp/jumpto2020(以下「本ウェブサイト」といいます)は、未来へ向けて Jump!するすべての人に本ウェブサイトをより深く楽しんでいただくことを目的とし、日本工業規格JIS X 8341–3「高齢者・障害者等配慮設計指針—情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス—第3部:ウェブコンテンツ」(以下JIS X 8341–3:2016 といいます)の適合レベルAAへの準拠を目指してまいります。

対象範囲

本ウェブサイト(https://www.mizuho-fg.co.jp/jumpto2020/)全体を対象範囲とします。

適合レベル及び対応度

JIS X 8341–3:2016 の適合レベルAAに準拠

注記:本ウェブサイトのWebアクセシビリティ方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341–3:2016 対応度表記ガイドライン –2016年3月版」で定められた表記によります。

追加する達成基準

2.4.10 セクション見出しの達成基準

Web アクセシビリティ向上の取り組み

JIS X 8341–3:2016 の適合レベルAAに準拠したウェブサイトを目指すため、専門家の助言を得たうえでWebアクセシビリティ向上の取り組みを進めています。現時点で動画を含まないページ群に対してはJIS X 8341–3:2016 に基づく試験を実施できる段階にあると認識しています。一方で動画コンテンツを含むページでは課題が顕在化しており、以下のような対策を講じております。

  • 1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準
    • 対応策:img,area要素,appletのalt属性に適切な代替テキストを記述する
  • 1.2.2 キャプション (収録済)の達成基準
    • 対応策:収録済みの音声コンテンツにキャプションを提供する
  • 1.3.1 情報及び関係性に関する達成基準
    • 対応策:CSSを用いて構造と表現を分離する、h1要素~h6要素を用いて、見出しを特定する
  • 2.1.2 キーボードトラップなしの達成基準
    • 対応策:利用者がコンテンツ内に閉じ込められないようにするため、モーダルウィンドウの使用を避ける

認識している課題

動画コンテンツに対してすでに顕在化している課題の中で、以下の課題は解決策を得られずにいます。これらの課題に対して引き続き解決策を模索しつつ、さらなるアクセシビリティの向上に向けて継続的に尽力してまいります。

  • 1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準
    • 対応策例:object要素のボディに代替テキストを記述する、非テキストコンテンツの内容がわかるラベルを提供する
    • 対応が困難な理由:使用している外部サービスの仕様に制限があるため
  • 1.2.5 音声解説に関する達成基準
    • 対応策:収録済みの映像コンテンツに音声解説を提供する
    • 対応が困難な理由:必要となる予算や人的負担を確保できないため
  • 2.1.1 キーボードに関する達成基準
    • 対応策:JavaScriptでイベントハンドラを用いる場合は、キーボードで操作できるようにする
    • 対応が困難な理由:使用している外部サービスの仕様に制限があるため

JIS X 8341–3:2016 に基づく試験

2018年10月時点でJIS X 8341–3:2016 に基づく試験は、準備段階です。

試験を実施次第、本ページにて結果を公開してまいります。

更新履歴

2018年10月12日 <みずほ>東京2020特設サイトWebアクセシビリティ方針を公開

ご意見・ご要望

本ウェブサイトのアクセシビリティに関するご意見・ご要望がございましたら下記窓口までご連絡ください。今後の改善に向けた取り組みへの参考とさせていただきます。

ページの先頭へ