ページの先頭です

2007年~ サブプライムローン問題による世界金融危機

このページを印刷する

詳細

2007年、米国発のサブプライムローン問題に端を発し、金融不安が世界で拡大。<みずほ>も多額な損失を余儀なくされる。

2008年9月

リーマン・ブラザーズ破綻。
米政府、金融機関に公的資金(シティ、AIG等に追加支援)

2009年5月

みずほ証券と新光証券が合併

2009年7月

みずほフィナンシャルグループは、普通株式を発行(30億株、払込金額5,292億円)


2010年、中期基本方針『<みずほ>の「変革」プログラム』がスタート


2010年5月

<みずほ>の「変革」プログラム発表

塚本社長記者会見風景図の写真

塚本社長記者会見風景図

2010年7月

みずほフィナンシャルグループは、普通株式を発行(60億株、払込金額7,516億円)

ページの先頭へ