ページの先頭です

収益の状況

このページを印刷する

  • 本データは、決算短信に基づき作成しています。
  • 本ページは、株式会社マジカルポケットが提供するサービスを利用しています。

第1四半期第2四半期第3四半期通期

  • 連結業務純益(含むETF関係損益等)は4,755億円と、前年同期比で+476億円となり、修正年度計画6,200億円に対し76%の進捗率となりました。
    • 顧客部門は、国内リテール部門の収益が伸び悩みましたが、構造改革への取組み等による経費削減を着実に進めた他、海外部門の収益が堅調に推移したことにより、前年同期比105億円の増益となりました。
    • 市場部門は、バンキングおよびセールス&トレーディングともに債券関連ビジネスが順調に推移し、前年同期比468億円の増益となりました。
  • 与信関係費用は、国内を中心に△244億円の費用を計上しておりますが、年度計画の範囲内で推移しております。
  • 株式等関係損益(除くETF関係損益等)は、政策保有株式の売却を進め、921億円の利益を計上しました。前年同期比では、大口要因の剥落により減少しております。
  • 親会社株主純利益は、4,039億円となり、修正年度計画4,700億円の達成に向けて、進捗率は85%と順調な決算となりました。

最新(連結)

連結粗利益(億円)
連結粗利益(億円)
連結業務純益(億円)
連結業務純益(億円)
経常利益(億円)
経常利益(億円)
親会社株主に帰属する当期純利益(億円)
親会社株主に帰属する当期純利益(億円)
  • *横スクロールで直近5年分のデータを閲覧できます
ページの先頭へ