ページの先頭です

産業発展とイノベーション

このページを印刷する

<みずほ>は、インフラ資産への投資などを通じて産業の発展に貢献していく他、お客さまの事業展開の戦略的パートナーとして、多様化・複雑化する事業承継ニーズへの対応や、技術革新・イノベーション創出の支援等に取り組んでいきます。

円滑な事業承継

少子高齢化の進展や経済・社会・産業の構造変化に伴う後継者不足等を背景に、事業承継ニーズは多様化・複雑化しています。円滑な事業承継をサポートしていくために、<みずほ>はグループ一体で高度なソリューションを提供していきます。

<みずほ>の事業承継対応ソリューション

少子高齢化の進展や経済・社会・産業の構造変化等を受け、お客さまをとりまく事業環境は大きく変化しています。こうした環境の変化に伴う、後継者不足等の事業課題を背景に、お客さまの事業承継に関するニーズも多様化・複雑化しています。

<みずほ>は、強固な顧客基盤やグループ一体的なビジネス推進体制という強みをいかし、銀行・信託・証券が一体となったワンストップの高度なソリューションを提供しながら、お客さまの円滑な事業承継をサポートしていきます。

レジリエントな社会インフラ整備

<みずほ>は、これまでに蓄積してきた海外インフラ資産への投資に関する知見を活用し、社会の持続的な発展に必要不可欠なインフラ開発・整備を支えていきます。

海外インフラ資産へのエクイティ投資に特化したファンドを組成・運営

みずほ銀行とアセットマネジメントOneは、丸紅株式会社と国内外の機関投資家を対象に、海外インフラ資産へのエクイティ投資に特化したファンドを組成・運営することに合意しました。3社の出資により、ファンド運営会社を設立し、海外における民間主導型インフラ資産へのエクイティ投資、およびポートフォリオ構築を目的としたファンドを運営・管理します。本ファンドは、交通インフラセクター・エネルギーインフラセクターを投資対象とし、最大500億円の運用規模を目指します。

<みずほ>は、今後もグループ一体となって、海外インフラ投資案件に積極的に取り組むことで、世界中のインフラ開発・発展に貢献していきます。

ページの先頭へ