ページの先頭です

取締役会および各委員会の取り組み状況

このページを印刷する

取締役会

議長・委員長

取締役会議長 大田 弘子

主な役割

取締役会は、法令上取締役会の専決事項とされている経営の基本⽅針等の業務執行の決定、ならびに取締役および執行役の職務の執行の監督を主な役割としています。法令上の取締役会の専決事項以外の業務執行の決定を原則として執行役社長へ委任しており、また、運営においては、取締役会議長が中心となって真に必要な議案への絞り込みを行い、経営の根幹に関わる案件について、社外取締役による高い目線での意見・提言を含め、自由闊達で本質的な議論を展開しています。

構成
  • 取締役会議長は社外取締役
  • 過半数が非執行取締役
運営状況

2017年度は14回開催し、当社として進めるべき抜本的構造改革の全体像・個別テーマや、次期中計を見据えた課題等について質の高い審議を実施するとともに、リスクガバナンス、リスク管理、コンプライアンスおよび内部監査の状況等について報告を受けました。

2017年度 開催回数(平均出席率) 14回(98%)

指名委員会

議長・委員長

指名委員会 委員長 川村 隆

主な役割

指名委員会は、当社グループの経営から十分に独立した立場にある社外取締役が中心となり、役員人事の客観性や透明性の高い検討プロセスのもとで、株主総会に提出する当社取締役の選任および解任に関する議案の内容を決定するとともに、中核3社の取締役の選任および解任に関する当社における承認、ならびに中核3社の代表取締役選定および解職や役付取締役の選定および解職に関する当社における承認を行っています。また、グループCEOの後継者計画(サクセッション・プランニング)についても、指名委員会において審議しています。

構成
  • 委員長は社外取締役
  • 全員が社外取締役
運営状況

2017年度は14回開催し、新グループCEOを含む当社取締役候補者の決定、ならびに、中核3社の取締役選任および代表取締役の選定に関する承認等を行いました。

2017年度 開催回数(平均出席率) 14回(100%)

報酬委員会

議長・委員長

報酬委員会 委員長 甲斐中 辰夫

主な役割

報酬委員会は、当社グループの経営から十分に独立した立場にある社外取締役が中心となり、役員報酬の客観性や透明性の高い検討プロセスのもとで、当社取締役および執行役の個人別の報酬等の内容の決定のほか、中核3社の取締役の個人別の報酬等の内容の当社における承認、ならびに当社および中核3社の役員報酬に関する基本方針、役員報酬制度の決定を行います。また、当社の中長期的な業績や、同業他社を含む他社の事例に加え、経済や社会の情勢等も踏まえたうえで、役員が果たすべき役割・責任に応じた報酬制度について議論を重ね、必要な見直しを行っています。

構成
  • 委員長は社外取締役
  • 全員が社外取締役
運営状況

2017年度は9回開催し、当社および中核3社の役員報酬体系に関する課題抽出・検討を行うとともに、当社取締役・執行役の個人別の報酬の決定のほか、中核3社取締役の個人別の報酬の承認等を行いました。

2017年度 開催回数(平均出席率) 9回(97%)

監査委員会

議長・委員長

監査委員会 委員長 関 哲夫

主な役割

監査委員会は、取締役および執行役の職務の執行について、適法性および妥当性の監査を行うことを主な役割としています。取締役および執行役の職務執行の監査に必要な事項に関し、監査委員会において取締役、執行役、使用人および会計監査人から適時・適切に説明を求めるとともに、必要に応じ指示・提言を行います。また、監査委員会は、常勤委員が行う執行部門の重要な会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧、内部監査グループ等との連携等により、執行部門の意思決定の過程および内容の確認を行うことで、監査の実効性を確保しています。

構成
  • 委員長は社外取締役
  • 過半数が社外取締役
運営状況

2017年度は17回開催し、グループ会社に対する経営管理を含めた取締役・執行役の職務執行状況等について報告を受け、主として「業務の適正を確保するための体制(内部統制システム)」の有効性を確認するとともに、適時に提言を行いました。

2017年度 開催回数(平均出席率) 17回(100%)

2018年度業務計画策定にあたり、早期段階から取締役会で議論し、各プロセスに深く関与

「経営の基本方針」である、当社基本戦略の骨格形成に関して執行と社外取締役が協働

イメージ図

後継者計画(サクセッション・プランニング)への取り組み

当社は、2014年の指名委員会等設置会社移行時点から、指名委員会において、グループCEOの後継者計画の取り組みを開始しました。

2017年度において、指名委員会は、その開催を重ね、グループCEOの交代タイミングから新グループCEOの就任を前提とした取締役候補者の決定に至るまでさまざまな角度から検討を行い、2018年4月のグループCEO交代に関するプロセスを担いました。

当社の後継者計画および2018年4月のグループCEO交代に関する指名委員会におけるプロセス等については、以下をご参照ください。

報酬の決定方針

当社は、当社ならびに中核3社の取締役、執行役、執行役員および専門役員が受ける個人別の報酬等の内容に係る決定に関する「みずほフィナンシャルグループ報酬の決定方針」を定めています。

イメージ図
イメージ図

リスク委員会

リスクガバナンスに関する決定・監督、およびリスク管理の状況等の監督に関し、取締役会に対して助言を行います。原則として、非執行取締役または外部専門家により、3名以上で構成され、当社グループの経営の基本方針、リスク戦略の基本方針、および同戦略の遂行状況の相互の整合性、ならびに当社グループにおけるリスクプロファイルやその他リスク管理の状況の適切性の評価を行い、取締役会に対して報告を行います。

人事検討会議

取締役会で決定される当社の執行役の選解任案ならびに当社の役付執行役・役付執行役員の選定案、解職案および委嘱案の審議を行うとともに、取締役会で承認される中核3社の役付執行役員の選定案、解職案および委嘱案の審議を行います。役員人事の透明性・公正性を確保するため、指名委員会委員、報酬委員会委員およびグループCEOにより構成されます。

社外取締役会議

社外取締役のみで情報交換や認識共有を図るとともに、「社外者の視点」に基づいた客観的かつ率直な意見を経営に提言します。毎年2回以上開催し、経営上の課題、取締役会運営、ガバナンス体制のあり方等を議論し、グループCEOに対して適宜提言を行います。

ページの先頭へ