ページの先頭です

太陽光発電施設の信託受託への取り組み

このページを印刷する

みずほ信託銀行は、太陽光発電施設の信託受託を信託銀行で初めて開始しました。2013年5月には、第一号案件として、アイディアルソーラー合同会社(以下、同社)と「鹿児島県鹿屋市高隈町メガソーラー発電事業」(以下、本事業)について不動産を対象とする信託契約を締結しました。

同社は、日本において再生可能エネルギー事業への投資を行うために、太陽光発電関連製品の開発・製造などを行う株式会社インターアクションと中国の電気メーカーである大全集団有限公司が、共同出資により設立した特別目的会社で、日本国内において合計で200メガワット相当の発電所設置をめざしています。

本事業は鹿児島県鹿屋市の土地を取得し、1.5メガワットの太陽光発電所を建設して運営するもので、信託受益権スキームを活用した事業です。みずほ信託銀行は信託受託者として、土地や発電所を所有するほか、経済産業省への設備認定申請、電力会社への接続系統連携などの手続きを行うとともに、太陽光発電設備の開発や「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく買取期間中の電力会社などへの電力供給を実施します。

このスキームを通じて、みずほ信託銀行は、再生可能エネルギー発電に参画しようとする企業に対し、長期安定的な資産管理機能を提供していきます。また、事業から生じる利益を受け取る権利の売買を可能にすることにより、将来的な投資機会の多様化についても検討していきます。

写真

本事業で運営する太陽光発電所

ページの先頭へ