ページの先頭です

イベント・出版等

このページを印刷する

<みずほ>では、イベントや講演会・セミナー等を通じて、環境に関する情報発信を行っています。

環境イベント

環境絵画コンクール

みずほフィナンシャルグループは、子どもたちひとりひとりが主体的に環境問題と向き合い取り組むきっかけ作りとして、全国小中学校環境教育研究会が主催する「全国小中学校児童・生徒環境絵画コンクール」に協賛しています。

セミナー・講演会

環境に関するセミナー・講演会の開催・参加実績(2019年度)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

みずほ銀行
日程 セミナー・講演会
2019年6月 国連環境計画・金融イニシアティブ主催 アジア太平洋地域会合
2019年11月 アジア開発銀行研究所、日本アセアンセンター共催「アジアにおけるESG投資の機会とリスク」

左右スクロールで表全体を閲覧できます

みずほ情報総研*
日程 セミナー・講演会
2020年2月 バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業ワークショップ「ポストFIT時代に向けたエネルギー利用モデルの構築」
2020年2月 全員参加でつくる持続可能な地域の未来 –みんなで進めるSDGs–
2020年2月 CCUS・水素に関する国際シンポジウム「気候変動対策技術のイノベーションによるカーボンニュートラル社会の実現に向けて」
2020年2月 みずほビジネスイノベーションフォーラム
  • 金融の脱炭素化目標とそのインパクト –金融機関向けSBTとは何か、そして何をもたらすか–
2020年1月 大規模スポーツイベントに向けた食品ロス削減セミナー
2019年12月~2020年2月 簡易測定法(検知管・リアルタイムモニター)を用いた化学物質のリスクアセスメントセミナー(広島、東京、大阪、福岡、仙台、東京、名古屋、大阪にて計8回開催)
2019年11月~2020年1月 たからの環ワークショップ –地域循環共生圏の形成に向けて– (秋田、鹿児島、滋賀にて計3回開催)
2019年10月~2019年11月 地方公共団体実行計画に関する説明会(名古屋、札幌、仙台、福岡、東京、岡山、大阪にて計7回開催)
2019年10月~2019年11月 持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修(千葉、滋賀、福岡にて計3回開催)
2019年9月~2020年1月 「化学物質と環境に関する政策対話」(第15回~第16回)
2019年8月 TICAD 7 ジャパンフェア
「アフリカで活躍する日本企業」分野への出展
2019年7月 バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業ワークショップ「FIT制度に頼らない事業の実現に向けて」–バイオマスエネルギー技術と事業化・経営セミナーin東北–
2019年6月~2020年2月 chemSHERPA実務者講座(2019年度)第1回~第9回
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年10月
  • 2019年8月
  • 2019年6月
GHGソリューションズ
  • 第94回COP25の結果と今後
  • 第93回「1.5℃」と再エネを巡る海外企業の最新動向
  • 第92回バリューチェーン上の削減貢献
  • 第91回海洋プラスチックごみ問題の現状と今後のゆくえ
  • 第90回SBT・再エネ電力調達の最前線
  • *現みずほリサーチ&テクノロジーズ

環境に関するセミナー・講演会の開催・参加実績(2018年度)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

みずほ銀行
日程 セミナー・講演会
2018年12月 インドネシア金融サービス庁およびジャカルタ・ジャパン・クラブ金融サービスグループとのダイアログ
2018年11月 カンボジア銀行協会訪日団向け「サステナブルファイナンスセミナー」
2018年5月 清華大学金融開発センター主催「グローバル・グリーンファイナンス・リーダシップ・プログラム」フォーラム

左右スクロールで表全体を閲覧できます

みずほ情報総研*
日程 セミナー・講演会
2019年2月 低炭素社会の構築に向けた二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)国際シンポジウム
2019年2月 ワークショップ「LCAの政策活用に関する最新動向」 –欧州環境フットプリント/LCA国際データベース協調枠組み(GLAD)と環境ラベルの活用–
2018年11月 AI–SHIPS国際シンポジウム –in silicoによる毒性予測手法開発の最前線–
2018年9月 第14回「化学物質と環境に関する政策対話」
2018年6月 企業版2℃目標フォーラム(第1回)
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年8月
みずほビジネスイノベーションフォーラム
  • TCFD提言対応、"第一歩"を踏み出すために –「TCFDガイダンス」、内外企業の最新事例から考える、日本企業の取り組み方–
  • パリ協定の目標達成に向けた国際協力の形 –「コ・イノベーション」を探る–
  • 拡大するグリーンボンド/ソーシャルボンド市場 –脱炭素社会・SDGs(持続可能な開発目標)に向けた新たな資金の流れ–
2019年2月、3月 ガスビジネス研究会第31回、第32回定例研究会
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年9月
  • 2018年7月
  • 2018年4月
GHGソリューションズ勉強会
  • 第89回COP24の結果と今後
  • 第88回海洋プラスチックごみ問題とプラスチック資源循環のゆくえ
  • 第87回米トランプ政権の中間選挙結果と今後
  • 第86回中国、およびその他アジア諸国における再エネ調達の最前線
  • 第85回どう読む?TCFD最終報告書、どうする?シナリオ分析
  • 第84回非化石証書 CDPで報告可能に
2018年12月~2019年3月 セミナー「化学物質のリスクアセスメントとGHSラベルを用いたHow to職場の安全衛生教育」(東京、北九州、横浜、仙台、北海道、広島、大阪、名古屋、福岡にて全12回開催)
2018年10月~2019年2月 化学物質管理セミナー キャラバン2018(東京、大阪、名古屋にて計8回開催)
2018年11月
2018年10月
たからの環ワークショップ –地域循環共生圏の形成に向けて–
(三重、鳥取にて計2回開催)
2018年5月~2019年2月 chemSHERPA実務者講座(2018年度) 第1回~第10回
  • *現みずほリサーチ&テクノロジーズ

環境に関するセミナー・講演会の開催・参加実績(2017年度)

左右スクロールで表全体を閲覧できます

みずほ銀行
日程 セミナー・講演会
2017年12月 UNEP FI 持続可能な金融に関するアジア太平洋地域円卓会議
2017年10月 日本地域学会 第54回年次大会
2017年9月 千葉商科大学公開シンポジウム「プロジェクト融資におけるCSR:環境社会配慮の観点から、EPを具体事例に」

左右スクロールで表全体を閲覧できます

みずほ情報総研*
日程 セミナー・講演会
2018年3月 ワークショップ「LCAを活用したマルチクライテリア(複数環境影響領域)評価に向けた国際枠組みの最新動向」
2018年3月 緑の気候基金(GCF)プロジェクト形成促進セミナー
2018年2月、1月、2017年12月、11月、10月、9月、8月、7月、6月 chemSHERPA実務者講座(2017年度)第1回~第9回
2018年2月、1月 ガスビジネス研究会 第29回・第30回定例研究会
2018年2月、1月、2017年12、11月 はじめての化学物質のリスクアセスメントセミナー【基礎コース】
全8回(東京2回、大阪2回、名古屋、福岡、仙台、広島)
2018年2月、1月、2017年12月 改正労働安全衛生法に基づくリスクアセスメントの基本とGHSラベルを活用したHow to 職場の安全衛生教育【化学物質管理者入門コース】
全12回(東京2回、大阪2回、名古屋2回、北九州、新潟、札幌、福岡、岡山、仙台)
2018年2月、2017年11月 持続可能なバイオマスエネルギー事業の実現に向けて
全2回(岡山、札幌)
2018年1月、2017年8月 化学物質と環境に関する政策対話 第12~13回
2017年12月、9月、6月、5月 GHGソリューションズ
  • 第83回勉強会「COP23の結果と今後」
  • 第82回勉強会「グローバル企業の再エネ調達戦略」
  • 第81回勉強会「J-クレジットが再生可能エネルギー証書に」
  • 第80回勉強会「米トランプ政権の気候エネルギー政策の現状と今後」
2017年12月、11月 化学物質管理セミナー キャラバン2017
全3回(大阪、東京、名古屋)
2017年9月、8月 「SBT(Science Based Targets)策定セミナー(東京、大阪)」および「サプライチェーン(SC)排出量算定セミナー(東京、大阪)」
  • *現みずほリサーチ&テクノロジーズ
ページの先頭へ