ページの先頭です

次世代育成支援への取り組み

このページを印刷する

<みずほ>では、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境づくりに貢献すべく、仕事と家庭の両立に資する各種支援制度や働き方の見直しにつながるさまざまな施策を実施しています。2007年、2010年、2013年、および2015年に、次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみん認定」を取得しています。

2015年度には、「くるみん認定」企業のうち、両立支援制度の導入や利用が進み、高い水準で社員の子育てサポートを行っている企業として、<みずほ>のグループ6社*が、厚生労働大臣より、「プラチナくるみん認定」を受けました。

  • *株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行、みずほ信託銀行株式会社、みずほ証券株式会社、みずほ情報総研株式会社、資産管理サービス信託銀行株式会社

2015年4月より、「<みずほ>の一般事業主行動計画」の第5期を推進しています。

  • イメージ
  • イメージ

<みずほ>の「一般事業主行動計画」(第5期)

計画期間

2015年4月1日~2017年3月31日(2年間)

目標

子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備 [目標1]男女を問わず職業生活と家庭生活を両立するための環境整備
働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備 [目標2]多様な人材の一層の活躍を組織全体で推進する仕組み作り

対策の内容および実施時期

対策の内容 実施時期(目処)
1 男女を問わず職業生活と家庭生活を両立するための環境整備  
(1)男性の育児参画を促し、両立しやすい職場作りへの取り組み 2015年4月~
(2)柔軟な働き方を推進し、ワークライフバランスの実現を図る
(3)介護と仕事の両立を後押しするための制度拡充
2 多様な人材の一層の活躍を組織全体で推進する仕組み作り  
(1)主体的なキャリアメイクを促す施策の実施 2015年4月~
(2)多様な人材の活躍を加速するための体制作り
ページの先頭へ