ページの先頭です

役員・社員の意識改革への取り組み

このページを印刷する

全社員に対する意識改革への取り組み

<みずほ>では、ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けた重点ポイントとして、すべての役員・社員に対する意識改革と行動変革の促進に取り組んでいます。

<みずほ>が目指すダイバーシティ&インクルージョン推進の重要性について、グループCEOを始めとするグループ各社の経営トップが、部店長会議や全社員向けの社内ビデオニュース、直筆のメッセージのメール配信などを通じて、全社員に対し、定期的にメッセージを発信しています。

2017年10月には、部店長と女性社員を対象に、職場のインクルージョン推進を通じて女性活躍推進をグローバルに支援してきた非営利団体カタリスト・ジャパンと共催したセミナー「インクルーシブな組織文化づくりのためのビジネス・ドライバー」において、みずほ銀行頭取が、女性の活躍推進を始めとする多様な人材の活躍の重要性について講演を実施しました。

写真

グループ内コミュニケーション誌

ダイバーシティ&インクルージョンの浸透を図るため、最新のダイバーシティ&インクルージョン推進に関する情報やロールモデルを紹介するグループ内コミュニケーション誌「M–Style」を年4回発行しています。

また、「人事運営の抜本的改革」を全社員に意識浸透していく目的で、グループ共通広報誌「Change! 全ての社員の活躍に向けて」を2017年1月に創刊し、<みずほ>で活躍する社員を様々なテーマで紹介しています。

写真

グループ内コミュニケーション誌「M–Style」

写真

広報誌「Change! 全ての社員の活躍に向けて」

表彰制度

性別や国籍などの多様な人材の成長と活躍を後押しする目的で、業績や組織貢献が顕著な部店や個人を称える各カンパニーの横串を通した社内表彰制度において、「ダイバーシティ&インクルージョン推進部門」を設けています。

「ダイバーシティ&インクルージョン推進部門」では、女性や障がい者、ナショナルスタッフなどの多様な社員による組織貢献への取り組みや、育児・介護等の時間制約のある社員の活躍推進を支える社員の取り組みなどの好事例を表彰しています。これらの好事例を、グループ内コミュニケーション誌等を通じて紹介し、グループ全体でダイバーシティ&インクルージョン推進への意識改革・行動変革を促進しています。

管理職に対する意識改革への取り組み

性別や国籍などの多様な人材の成長と活躍を目指すダイバーシティ&インクルージョンの実現において、管理職におけるダイバーシティ&インクルージョン推進の正しい理解と、それを踏まえた現場のマネジメントが必要不可欠です。<みずほ>では、管理職に対して、性別や国籍等の異なる多様な社員が活躍する職場づくりがイノベーションや経営成果につながることの重要性への理解を深め、多様性を組織の力に変えていくためのマネジメントやダイバーシティ&インクルージョン推進に関する各種研修やセミナー等を行い、管理職の意識改革に取り組んでいます。

また、執行役員・部店長を含む課長相当以上の管理職の「360度評価」や、国内営業部店長に対する年度の人事評価の項目の一つとして「ダイバーシティ&インクルージョン推進への取り組み」を設定し、現場マネジメントにおける多様な人材の活躍を促進しています。

管理職向け研修

全ての管理職に対し、ダイバーシティ&インクルージョンの推進意義、性別や国籍などの多様な人材の育成・活躍推進、職場のワーク・ライフ・バランス推進などについて、毎年複数回にわたり、職位別に研修を実施しています。

(対象:人材マネジメント力強化研修、支店長研修、副支店長研修、本部部次長研修、課長研修)

また、女性社員の育成・キャリア形成支援を目的に、管理職を対象とした「コミュニケーションスキル向上支援研修」を通して、部下である女性社員のキャリア形成や両立支援に向けた意識付けや、女性部下の行動変革を促すためのコミュニケーションスキルの共有などを行っています。

管理職向けダイバーシティセミナー

年に1回、外部講師を招いて、チームマネジメントやダイバーシティ&インクルージョンに関するテーマの「管理職向けダイバーシティセミナー」を実施しています。

写真

管理職ダイバーシティセミナーの様子

イクボス企業同盟

<みずほ>では、イクボス*推進が女性の両立支援やキャリア形成支援といった、多様な人材のマネジメントにおける必要不可欠なテーマであるとして、2014年12月、イクボス企業同盟へいち早く加盟しました。イクボス企業同盟を通じて、異業種他社との異業種交流会の開催などに取り組んでいます。

  • *イクボスとは、「共に働く部下・職場スタッフのワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)」のこと。イクボス企業同盟とは、「イクボス」の必要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行って新しい時代の理想の上司(イクボス)養成を目指す企業間のネットワーク。

写真

写真

イクボス企業同盟発足式の様子

社内におけるイクボス推進の取り組み

2015年度は、社内のイクボス推進の取り組みとして、管理職同士の情報交換やネットワーキング構築を目的とした、少人数座談会「ダイバcafé」や「異業種交流会」を開催し、参加者全員で「イクボス宣言」を行いました。また、グループ内コミュニケーション誌の連載企画として、グループ各社のイクボスロールモデルを多数紹介しました。

写真

少人数座談会「ダイバcafé」でのイクボス宣言

写真

広報誌M–Styleでのイクボス連載

社員のコネクティビティ推進

<みずほ>では、ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて、会社と社員、あるいは社員同士が、国籍・性別・文化などの違いを超えて思いやり、信頼や敬意を持ってお互いにつながり合う「コネクティビティ」をグローバルベースで促進することで、社員一人ひとりが失敗をリスクとはみなさず、積極的に挑戦する企業文化を構築することを目指しています。

<みずほ>のコネクティビティ

国籍・性別・価値観等の異なる社員が垣根を越えたつながりは、知識・経験の共有を支えるとともにモチベーションの高め合いを生み出します。結果として、つながりは<みずほ>の持続的かつ安定的な成長を支え、社員が仕事を通じて人生を豊かにしていくことを支えます。こうした目的をもった一連の活動を、<みずほ>はコネクティビティと呼び推進しています。

「コネクティビティ」をキーワードに、女性や子育てなど、あらゆる国籍や世代などを越えてネットワークを構築する「場」を提供しています。今後も、様々なテーマでネットワーク構築の機会を提供していきます。

M–WIN ~Mizuho Women’s Initiatives Network~

2017年3月、全世界の<みずほ>で働く約37,000人の女性社員が、地域やエンティティの垣根を超えてグローバルにつながり、お互い刺激し合いながらキャリア形成の機会とする自律的な社員ネットワークとして、「M–WIN」が立ち上がりました。世界の<みずほ>の拠点を5つの地域に分け、各地域の女性活躍推進のための活動を、定期的に情報交換していきます。今後は、女性活躍にかかる課題をグローバルに見極め、その解決を通じて、男女の区別なく、全社員の活躍につなげる活動を実施していきます。

写真

2017年5月 M–WINキックオフミーティング

日本における活動

日本では、年代や職系の異なる女性社員が、自らのキャリアやリーダーシップ、<みずほ>の女性活躍推進について考えるグループ横断の勉強会として、2015年度に「ウーマンネットワーク」が立ち上がりました。

2年目となる2016年度は、グループ5社(みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほ情報総研)の世代や職階・職系の違い を越えた女性社員同士の自律的なつながり合いの「場」として、全国で活躍するグループ5社の女性社員、約80名が参加しています。

メンバーたちは、一人ひとりが抱える課題や<みずほ>の目指すべき姿などについて多様な意見や考え方を共有しながら議論を深めるとともに、自分たちからみた<みずほ>の課題について深く掘り下げて議論し、課題解決に向けた活動を企画・運営しています。

写真

<みずほ>ウーマンネットワーク2016のメンバー

写真

交流会の様子

女性の社外ネットワークの構築・強化

社外ネットワーク構築や女性リーダー育成等を目的に、他社が開催する研修会や勉強会などへ積極的に女性社員を派遣しています。また、異業種他社とのネットワーキングフォーラムや交流会を不定期で開催しています。

写真

異業種交流会の様子

Parenting Network ~働く親のための子育て支援講座「親塾」~

「ペアレンティング」とは、日本ではまだあまり聞きなれない言葉ですが、一般的には「親として子どもを世話し、育てること」を意味します。<みずほ>では、「子どもの世話や育児」にとどまらず、「子どもだけでなく、仕事と育児を通して親が幸せになり、ともに成長する」ことを企図して、日本国内の社員を対象にした「子育て」をテーマとしたネットワーク「Parenting Network」を2016年度より発足しました。性別に偏りなく、幼い子どもを持つ社員60名が参加しています。

子育て支援「親塾」

「Parenting Network」メンバーの活動として、株式会社日本共同システムと東京大学大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センターが協働して開発を進めている講座「働く親のための子育て『親塾』(全11回)」を試行実施しています。

本講座を通じて、ネットワークメンバー同士で、今後の働き方、両立、業務、キャリアに関する気づきやヒントを得て、仕事に対するモチベーションを向上し、一人ひとりが「やりがい」や「誇り」を感じながら活躍できる職場の実現を目指しています。

写真

子育て「親塾」実施の様子

できることから~自分を広げよう ネットワーク

「できることから~自分を広げよう ネットワーク」は、「障がいへの理解」をテーマに社員が集い、障がいに対する理解を深め、社員同士のつながり合いを強めることを目的に、2016年度発足しました。性別や障がいの有無にかかわらず、日本国内のグループ社員100名が参加しています。

「手話サークル」の活動を通じて今後の働き方や業務、キャリアに関する気づきやヒントを得て、仕事に対するモチベーションを向上し、一人ひとりが「やりがい」や「誇り」を感じながら活躍できる職場の実現を目指しています。

写真

「手話サークル」実施の様子

介護ネットワーク

「介護ネットワーク」は、介護をテーマに社員が集い、外部専門家の講演や、ランチミーティングなどの活動を通じて、社員同士のつながり合いを強めることを目的に、2016年度に発足しました。日本国内のグループ社員約100人が参加しています。

ランチミーティング「介護者の会」や、「介護休日イベント」などへの参加を通して、今後の働き方や両立、業務、キャリアに関する気づきやヒントを得て、仕事に対するモチベーションを向上し、一人ひとりが「やりがい」や「誇り」を感じながら活躍できる職場の実現を目指しています。

写真

「介護休日イベント」の様子

ページの先頭へ