ページの先頭です

2016年度ダイアログ

写真

経営とCSRの統合を通じた企業価値向上に向けて有識者とダイアログを実施

2016年11月25日、経営とCSRの統合を通じた企業価値向上に向けて、有識者の方々とダイアログを実施しました。今回ご参加いただいた有識者の方々には、2014年度から継続してご意見をいただいており、今回で3回目のダイアログとなります。

まず、過去2回のダイアログでいただいたご意見に対する進捗状況をご報告するため、2016年度からの3年間を計画期間とする新中期経営計画や同期間におけるCSRへの取り組みについての方針統合報告書(2016年)等について説明し、評価をいただきました。次に、企業価値向上に向けて、さらに強化すべき取り組みに関するご意見や期待などをお伺いしました。

有識者のみなさま

写真

名和 高司氏
一橋大学大学院
国際企業戦略研究科教授

写真

岸本 幸子氏
パブリックリソース財団
代表理事・専務理事

写真

森 洋一氏
公認会計士
国際統合報告評議会(IIRC)
フレームワークパネルメンバー

ファシリテーター

写真

山口 智彦氏
株式会社クレアン

<みずほ>からの出席者

写真

藤原 弘治
取締役兼執行役常務
企画グループ長

写真

平子 勝介
コーポレート・コミュニケーション部長

写真

東條 憲二
コーポレート・コミュニケーション部CSR推進室長

過去2回のダイアログでのご意見を踏まえた主な進捗

中期経営計画策定過程について

  • ストーリーと戦略ピラミッドにこだわり、KPIによる目標の明確化を重視
  • 歴史をしっかりと振り返り、現在の環境認識を踏まえた上で、金融機関として<みずほ>が果たすべき役割を再考し、目指す姿を検討
  • 「社会」をキーワードの一つとして、「社会的存在としての<みずほ>をどのように考えるか」を議論
  • 各カンパニー・ユニットは、社会との関わりを踏まえて戦略を立案

中期経営計画や取り組みへの反映について

  • 中期経営計画の目指す姿に「"総合金融コンサルティンググループ"~お客さまと社会の持続的成長を支える課題解決のベストパートナー~」を標榜
  • 銀行・信託・証券にアセットマネジメント、リサーチ&コンサルティングを加えてお客さまに向き合うことをコミット
  • 「お客さま第一」からのアプローチを強化し目指す姿を実現するため、日本の金融機関で初めて『カンパニー制』を導入。また、お客さまからの評価をカンパニーの業績評価に組み入れ
  • 社会やお客さまにとってオンリーワンの存在になるべく、オペレーショナルエクセレンスを追及する取り組みを開始
  • アセットマネジメント事業における重点戦略としてスチュワードシップやESG投資への取り組みを強化
  • 「個」の尊重に重点を置いた人事運営の抜本的改革を実施
  • 銀行・信託・証券が一体となって、各拠点が地域社会の課題解決に向けた取り組みを考え、実践する「エリアOne MIZUHOプロジェクト」を強化
  • 本業を含むCSRの目標(KPI)を策定
  • 「社会」の観点を考慮し、2016統合報告書を作成

ダイアログの概要

【進捗を踏まえた評価】

左右スクロールで表全体を閲覧できます

名和氏
  • この1年で劇的な進化を遂げた。B to Bにおいても、お客さまからの評価を業績評価に導入した点が評価できる。
岸本氏
  • この1年の進捗、特に中計に『社会』という観点を含み、目指す姿を明確にした点、統合報告書で各カンパニーが社会に提供する価値について記載がある点が評価できる。
  • 本業に関するCSR目標開示で一歩進展した。
森氏
  • 統合報告書作成プロセスにおいて、外部の意見を踏まえて真摯に取り組み、内容も大きく改善している。

【今後の更なる取り組み強化に向けた主なご意見】

左右スクロールで表全体を閲覧できます

「社会」の観点を戦略に組み込むプロセスの強化
名和氏
  • 現場が収集した情報を新たな事業モデルとして練り上げる力が必要。
  • ガバナンスやスチュワードシップを価値創造や企業価値向上につなげていくことを期待。
森氏
  • グローバルな長期トレンドを戦略に組み込み、資源配分やアクションに反映する仕組みの強化が必要。
  • カンパニー別の戦略や進捗についての開示は効果的だが、内容の具体性、実質性を高めていくことが重要。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

気候変動問題やグローバルな課題に対する取り組み強化とビジネス全体に占める割合がわかるCSR目標の設定
名和氏
  • ビジネス全体を社会課題解決への貢献といった観点で整理し、課題解決に資するビジネス割合が増加していく実績推移を示せると良いと思う。また、本業の目標設定にあたっては、長期投資家の意見を聞いた方が良い。
岸本氏
  • 「環境(気候変動)」と「グローバル」の目線が全体的に少し弱い。気候変動問題に対するビジョンを示し、化石燃料系の融資比率に関する現状と低減目標、及びそれに対する進捗報告が理想的。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

<みずほ>の社会性をストーリーで理解できる開示
名和氏
  • 各取り組みがお客さまと社会の課題解決にどのようにつながるのか、財務・非財務情報が統合されたストーリーでの説明を期待。
岸本氏
  • お客さま・社会の課題に対する認識の明確化、ビジネスを通じて経済・社会の未来創造に至るプロセスの具体化を期待。
森氏
  • CSRと事業戦略のより統合的な報告と、戦略策定時の課題や論点などの開示が望まれる。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

社会性を重視したグローバルなブランドコミュニケーションの強化
名和氏
  • 社会に軸足を持つ企業という<みずほ>の特徴をグローバルに発信することが、「良い会社」という社会的認知を拡大させ、社員のモチベーション向上につながる。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

社員が方針とその背景を理解し、行動していくための社内浸透強化
森氏
  • 金融を取り巻く環境や社会が大きく変化する中で、強靭な組織を作っていくためには、コーポレートメッセージの発信に加え、役職員一人ひとりに企業としての存在意義や方針の背景を考えさせることで、深い理解と行動につなげることが重要。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

<みずほ>らしい社会貢献活動
名和氏
  • <みずほ>が取り組む必要性を考慮すべき。
岸本氏
  • エリアOne MIZUHO推進プロジェクトには大変期待している。その企業らしさが継続のポイントなので、<みずほ>らしいキーワードを作ると良い。
森氏
  • 社会と<みずほ>、両者にとっての価値創造であるべき。例えば、お金に対してポジティブに向き合えるきっかけになるような取り組みなど、エッジが利いたものを期待している。

【ダイアログを踏まえて】

いただいたご意見や期待を踏まえ、<みずほ>では、課題認識の重要性を十分に認識するとともに、更なる社内浸透、内外コミュニケーションの高度化などを進めていきます。

ページの先頭へ