ページの先頭です

環境・社会リスクへの対応

このページを印刷する

<みずほ>では、すべての役職員が与信業務に取り組む際の基本姿勢等を「与信業務規範」として定めており、そこでは、銀行の公共的・社会的役割を自覚した運営に努めるため、「公共性の原則」、「安全性の原則」、「成長性の原則」、「収益性の原則」等に照らした運営を与信業務の基本方針としています。

エクエーター原則を活用し、プロジェクト関連融資における環境・社会リスク管理に注力するとともに、クラスター弾を含む殺戮・破壊を目的とする兵器の製造を資金使途とする与信を回避する方針を明確化し、手続化しているほか、担保評価において必要に応じて、環境リスクを考慮しています。

融資における環境・社会リスク管理

みずほ銀行は、特に自然環境や地域社会に影響を与える可能性のある大規模な開発プロジェクト案件に対して、エクエーター原則*を適用し、プロジェクト事業者(お客さま)と協働して環境・社会リスクと影響を特定・評価し、管理しています。

  • *民間金融機関が大規模な開発や建設のプロジェクト案件に参加する場合に、プロジェクトが自然環境や地域社会に与える影響に十分配慮して実施されることを確認するための枠組み

さらに、「環境リスク調査融資促進利子補給事業」に関する融資においては、エクエーター原則の対象とならない案件についても、エクエーター原則の担当部署が、環境社会影響評価の知見を活かして、環境デューデリジェンスを実施しています。

エクエーター原則への取り組み

クラスター弾および兵器に対する取り組み

<みずほ>では、公序良俗の観点や社会的正義・人道上の観点等から、クラスター弾を含む殺戮・破壊を目的とする兵器の製造を資金使途とする与信を回避する方針を明確化し、手続化しています。

担保不動産における環境リスク評価

<みずほ>では、担保不動産における土壌汚染やアスベストなどの環境リスクに対応するため、一定条件を満たす場合、環境リスクの評価を実施しています。リスクが一定以上と判定された場合には、評価額よりリスクに相当する額の控除をしています。

ページの先頭へ