ページの先頭です

グループ共通のカルチャー確立に向けた取り組み

このページを印刷する

基本的な考え方

<みずほ>では、「強い組織を支えるカルチャーに向けた継続的取り組み」を新中期経営計画で設定した10の戦略軸の1つとして掲げています。

「One MIZUHO推進プロジェクトチーム」では、『<みずほ>の企業理念』ならびに新中期経営計画の内容をグループ内へ浸透させ、役職員で共有するとともに、強固なコーポレートカルチャーの確立に向け、社員一人ひとりのみずほValue実践をサポートする取り組みを推進しています。具体的には、「社員一人ひとりのみずほValue実践に向けた部店の取り組み強化」と「社内コミュニケーション推進施策の継続」に取り組んでいます。

基本理念イメージ図

カルチャー確立に向けた取り組み

社員一人ひとりのみずほValue実践に向けた部店の取り組み強化

写真

海外部店長オフサイトの様子

社員一人ひとりのみずほValue 実践に向けた部店の取り組み強化を図るため、各部拠点がそれぞれ目指すべき姿をまとめた「自部店ビジョン」を策定するとともに、その実現に向けた部拠点ごとの取り組みを実践しています。また、振り返りと今後の取り組みについて部拠点内のメンバー全員で議論する場として「One MIZUHO Day」を開催しています。

その他にも、カルチャーの確立の牽引役となる国内外の部拠点長を対象とした「部店長オフサイトミーティング」の開催や各種研修を通じて企業理念の理解浸透やみずほValue実践をサポートする取り組みを行っています。

社内コミュニケーション推進施策の継続

写真

みずほフェスの様子

一体感の醸成や社員間のコミュニケーションの仕組み活性化を目的として、日本代表サッカー観戦やみずほフェスといった「グループ役職員イベント」、地域・拠点ごとに社会貢献活動を行う「みずほボランティア・デー」、みずほValueの実践が特に顕著な取り組みを表彰する「One MIZUHOカルチャープライズ」などの各種取り組みを行っています。

ページの先頭へ