ページの先頭です

リサーチ&コンサルティングユニット

このページを印刷する

リサーチ&コンサルティングユニット長 大串 桂一郎

お客さまの顕在的・潜在的な課題に対し、“Oneシンクタンク”として、最適なソリューションを提供

リサーチ&コンサルティングユニットは、グループ内のリサーチ機能とコンサルティング機能を結集した専門家集団として、お客さまの多種多様な課題解決に取り組んでいます。

当ユニットは、みずほ銀行産業調査部、みずほ信託銀行コンサルティング部、みずほ証券リサーチ&コンサルティングユニット、みずほ情報総研、みずほ総合研究所、みずほ第一フィナンシャルテクノロジーで構成されています。

産業からマクロ経済までカバーするリサーチ機能と、お客さまにとって普遍的な課題である経営・財務戦略から、環境・社会保障・IT等、専門性の高い分野に至るまで幅広い分野におけるコンサルティング機能を強みとして、ユニット内の各社・各部署が“Oneシンクタンク”としてシームレスに連携し、高度な知見・ノウハウを踏まえた包括的なソリューションを提供していきます。

ユニットの特徴

外部環境

  • 変化が激しく、先行きを見通しにくい経済・金融・社会環境
  • お客さまが抱える課題の多様化・複雑化・グローバル化
  • 銀行・信託・証券の連携営業等、競合他社の一部の戦略において進む同質化

課題認識

  • グループ各社の専門性を活かしたビジネス機会のさらなる創出
  • リサーチ・コンサルティング機能の戦略的再構築と人員のリバランス
  • リサーチ・コンサルティング機能の提供機会の拡大

強み

  • マクロ経済動向から産業動向までを幅広くカバーするリサーチ機能
  • 経営・財務戦略から、環境・社会保障・ITに至るまで、幅広い分野を網羅するコンサルティング機能
  • 約3,400名を擁する本邦トップクラスの人員体制

トピック

旬なテーマをタイムリーに深掘りするOneシンクタンクレポート発刊

リサーチ&コンサルティングユニットは、ユニット内の知見を結集したOneシンクタンクレポート「MIZUHO Research & Analysis」を発刊しました。日本産業の将来像や中国経済・産業の構造変化をマクロ・セミマクロの観点から深く掘り下げて考察したほか、英国のEU離脱や米国大統領選が今後の経済・産業にもたらす影響についても開票当日に質の高いレポートを発信することで、幅広いお客さまから高い評価を得ています。国内外ともに経済・金融・社会の不確実性が増すなか、今後もリサーチとコンサルティングの両面から、お客さまの課題解決に向けた幅広いソリューションを提供していきます。

イメージ図

ページの先頭へ