ページの先頭です

新たなテクノロジーへのプロアクティブな取り組み

このページを印刷する

MIZUHO FinTech ロゴ

情報技術の進展や、ソーシャルメディアの拡大に伴うコミュニケーション手法の多様化、また日常生活における電子決済の拡大等、金融技術は著しく進化しています。そうしたなかで、<みずほ>は外部機関との協業や最先端の技術も活用しながら、新たなビジネスの創出やこれまで以上にお客さまに寄り添った利便性の高いサービスの提供に努め、先進的なブランドイメージを構築していきます。

取り組み方針

外部の知見・技術も活用し、商品・サービスの向上と、業務プロセスの改革を実現

イメージ図

推進体制

グループ横断的な独立した組織としてインキュベーションPTを設置

  • 新ビジネス創出に向けたグループ横断的な取り組みを強化するため、2015年7月に独立した専担組織としてインキュベーションPTを設置しました。
  • インキュベーションPTは、社内外の知見・技術を積極的に活用することで、従来の発想にとらわれない非連続的な新ビジネスの創出に取り組みます。
  • また、インキュベーションPT担当役員はCDIO(Chief Digital Innovation .Officer)として、<みずほ>の新ビジネス創出を統括する立場にあり、柔軟かつ迅速な意思決定を実現します。

イメージ図

具体的な取り組み実績

さまざまな最先端の要素技術を駆使するとともに、オープンイノベーションによる他社との協業も積極的に行い、新たなサービスを提供

  • オープンイノベーション:自社だけではなく、外部機関が持つ技術やアイデアを組みあわせて革新的なサービスやビジネスを生み出していく考え方

イメージ図

SMART FOLIO(ロボアドバイザー)

インターネット上で、お客さまのリスク許容度等を踏まえた投資信託のポートフォリオ提案を無料で提供しています。みずほダイレクトご利用のお客さまには、投資目標の達成に向けたゴールアプローチ分析機能や、貯蓄性保険商品の選定サポート機能等の付加サービスを提供しています。

SMARTFOLIO

LINEでかんたん残高照会サービス

「LINE」上で、みずほ銀行に口座をお持ちのお客さまが、みずほ銀行の公式キャラクターである「ハリ田みず吉」のスタンプを送信いただくだけで、残高や入出金明細を確認できる便利なサービスを提供しています。

LINE ロゴ

マネーフォワードとの協業

法人のお客さまの経理事務効率化支援に向けて、マネーフォワード社の法人向けクラウドサービスとみずほ銀行の決済サービスを連携させた「請求・売掛金消込事務自動化」や「給与支払事務自動化」の仕組みを提供しています。

MFクラウド ロゴ

マネーツリーとの協業

PFM(Personal Financial Management、個人資産の一元管理)サービスを提供するマネーツリー社と連携し、スマートフォン向け「みずほダイレクトアプリ」に永久的に入出金明細照会の閲覧が可能となる「一生通帳機能」等を提供しています。

Moneytree ロゴ

中長期的に取り組む事項

人工知能とロボティクスの融合

2015年7月、人型ロボットPepperがみずほ銀行に入行しました。金融小噺(こばなし)やさまざまなご案内を行うなかで、お客さまに新たなおもてなしを提供しています。

また、2016年5月、さらなるチャレンジとしてPepperとIBM社のWatsonテクノロジーとを融合させ、より高度な応対の実現に取り組んでいます。

写真

Pepper入行式

オープンイノベーションへの取り組み

2015年10月、FinTechフォーラムを開催し、スタートアップ企業を中心に200名を超える多くの方々にご参加いただきました。

今後もこうした取り組みを継続し、外部の知見や技術を積極的に取り入れ、新ビジネスの創出やお客さまに提供するサービスの向上につなげていきます。

写真

みずほFinTechフォーラム

ブロックチェーン技術への取り組み

「ブロックチェーン」技術は、高速・安全・廉価なシステムの構築を実現できる可能性を秘めています。<みずほ>は、米国のスタートアップ企業R3 CEVが主導する国際的なコンソーシアムへの参画や、外部企業とも連携した複数の独自実証実験の実施等、「ブロックチェーン」技術の早期実用化に向け、さまざまな取り組みを進めています。

  • ブロックチェーン:ネットワークに接続された複数のコンピュータが取引記録などを共有し、相互に認証する仕組み
ページの先頭へ