ページの先頭です

Building the future with you

不動産営業 山下 佑輔

広大な顧客基盤を背景に、高い専門性をワンストップで提供

<みずほ>は大企業、中堅中小企業、地方公共団体、個人のお客さまなど、広大な顧客基盤がありますが、その中で多くのお客さまが経営戦略上や人生設計上の課題のひとつとして、不動産に関わるニーズを持っています。<みずほ>では、預金・貸出・為替といった銀行業務のほか、信託機能として不動産の仲介、分譲、鑑定、流動化、土地信託等、不動産に関するソリューション提供に必要な機能を全て備えており、会計・財務・税制・所有物件自体のリスク対応等に関する様々な専門性を加味した、お客さまにとって最適な不動産戦略を提案し続けています。

最近では、銀行・信託・証券の連携がさらに深化しており、例えばお客さま企業が会社の買収案件を進める際には、証券が買収に関するアドバイザリーを行い、銀行が買収資金の貸出を行い、信託銀行が買収後の営業拠点・物流拠点の統廃合等の不動産ビジネスを行うような、<みずほ>ならではの一体的な提案も当たり前のように行われています。「一つの課題に対し、多方面から効果が得られる提案をワンストップで受けられる」と、お客さまからも非常に高い評価を受けています。

  • 写真

金融と不動産のプロとして、皆に頼られる存在を目指す

私は、もともと「社会にモノを残せる仕事」として不動産関連の仕事に興味があり、大学時代には宅地建物取引主任者と不動産鑑定士の資格を取得しました。一方で就職活動においては、不動産だけを取り扱うのではなく、もっと幅広い観点からも社会に関わりたいという思いもあり、最終的には金融と不動産に関する高い専門性に加え、グループ内に銀行・信託・証券を自前で持っていることによる入社後の様々なキャリアの可能性に惹かれて、<みずほ>への入社を決めました。

入社2年目の横浜支店在籍時、地元の大手バス会社であるお客さまが、利用しなくなった車庫を、賃貸用駐車場として運営しているという情報をキャッチしました。私は、お客さまへの訪問を積み重ね、その中のある物件について売却を主とした提案を行いました。しかし、お客さまの回答は「NO」でした。売却によるキャッシュ化を必要としていなかったからです。そして、次のような課題を教えてくださいました。一つ目は、バス事業は地元の人口減少傾向等の影響を受け先細りであったこと。二つ目は、バス事業縮小の影響で運転手人員に余剰が発生していたこと。最後に、CSR(企業の社会的責任)に力を入れていたことでした。私は、不動産の専門部署と連携しつつ、外部のデベロッパーやサブリース会社と相談し、上記三つの課題に対応できる提案を考えました。それは、シニア用賃貸マンションの建設・運営です。提案時には、長期にわたるキャッシュフロー計算書を用意し、サブリースを活用することで、縮小するバス事業を補完する安定的な収益源となることを説明しました。そして、完成したマンションの管理人には、会社の元運転手を採用することにより再就職先を確保できたことと、シニア用にすることによりCSRにも寄与したことが高く評価され、この提案は採用されました。その後、実際にこのバス会社の余剰車庫は、次々とシニア用を含めたマンションに変化しています。不動産を切り口に自分で提案を創造し、お客さま・デベロッパー・サブリース会社に役立てた感動は、到底忘れられるものでは無く、<みずほ>の数ある業務の中でも、不動産の分野で高みを目指そうという想いのきっかけになりました。

今後は、財務等を含めた金融面の専門性を高め、金融と不動産のプロとしてさらに質の高い提案ができる、「困ったときの山下」として社内外に認められる存在を目指したいと思っています。

PAGE TOP
Copyright (c) Mizuho Financial Group, Inc. All Rights Reserved.